インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト » インプラント治療と他の方法を比較

インプラントとそれ以外の治療方法の違いを比較

このページではインプラントとそれ以外の治療がどう違うのかを比較して紹介しています。

インプラントと入れ歯の違いとは?

歯を失ったときの主な選択肢の一つが入れ歯。インプラントとは異なり、大掛かりな外科手術を必要とせず、なおかつ、治療費の安い保険診療でも受けられるという特徴から、歯を失ったときの治療法として入れ歯は広く選ばれています。使用感や寿命、審美性などの視点から見れば、インプラントに劣るとされる入れ歯ですが、治療へのハードルの低さや日常ケアの手軽さから、あえてインプラントではなく入れ歯を選んでいる人も少なくありません。

インプラントとブリッジの違いとは?

ブリッジとは、歯がない部分の両サイドの歯を削り、橋をかけるような要領で人工歯を装着する治療法のこと。健康な歯に侵襲を与えるというデメリットがある反面、インプラントのような大きな手術が必要なく、かつ保険診療内で受けられることもあり、現在もなお歯科治療の現場では広く行われている治療法の一つです。インプラントには劣るものの、入れ歯に比べれば天然歯に近い自然な使用感です。

インプラントと差し歯の違いとは?

アゴの骨に人工歯根を埋入するインプラントに対し、差し歯は、天然歯根の中に人工歯根を埋入する治療法。天然歯根が不具合なく残っている患者においては、インプラントの前に検討される治療法です。インプラントほどの強度や耐久性はありませんが、通常の食事をとるうえでは、天然歯とほとんど変わらない使用感の良さ。人工歯の素材によっては保険診療で受けることもできるため、予算重視の患者からは積極的に選ばれています。

インプラントを入れたときと何も入れないときの違いとは?

歯を失った後、忙しくて歯科医院に通えなかったり、すぐに治療費を用意できなかったりなどの理由で、何も治療を受けずに放置している人もいるようです。歯がない状態を放置していると、見た目の問題もさることながら、顎関節症を誘発したり、消化不良から全身の健康状態に影響を及ぼしたりするなどの問題も生じる恐れがあります。予算の理由でインプラントが難しいという方は、ブリッジでも入れ歯でも構わないので、早急に治療を受けることが望まれます。

インプラントとスマイルデンチャーの違いとは?

スマイルデンチャーとは、金属製のフック(クラスプ)を使っていない部分入れ歯のこと。口を大きく開けても金属のキラキラした部分が見えないため、周囲からは、入れ歯であることがバレにくいとされています。審美性に優れているだけでなく、通常の入れ歯よりも使用感が良い点も特徴。自由診療ながらも、インプラントよりは遥かに安い料金で治療を受けることができるため、予算重視の人たちからも人気です。

Page TOP