インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラント治療と他の方法を比較 » インプラントと差し歯の違い

インプラントと差し歯の違いを比較

歯が抜けてしまったときの対処法の中から、ここでは、インプラントと差し歯を比較してご紹介しています。

一見、同じような治療法に思えるインプラントと差し歯ですが、実際には全く異なる治療法。それぞれの治療法の違いを明確にして、メリットやデメリット、料金相場などもおさえたうえで、どちらの治療法を選択すべきかを考えていきましょう。

インプラントvs差し歯1|特徴と寿命を比較

インプラントと差し歯の特徴、および、それぞれの寿命を見てみましょう。

インプラントとは?

インプラントとは、アゴの骨にチタン製の人工歯根を埋入し、その上に人工歯となる部品を装着する治療法のこと。骨とチタンは強く結合する性質があることから、インプラントは非常に強度の高い治療法として知られています。

寿命は半永久的か

インプラント治療後10年目の残存率は90%以上と言われています。日常的なケアをしっかりと行っていれば、20年とも30年とも言われています。患者の心掛け次第で、インプラントの寿命は半永久的になると言えるかもしれません。

差し歯とは?

差し歯とは、天然の歯根に金属の柱を埋入し、その柱の上に人工歯を装着する治療法のこと。人工歯の素材の違いにより、保険診療と自由診療に分かれます。

寿命は7~10年

保険診療による差し歯の場合、平均寿命は約7年と言われています。セラミックなどの自由診療による差し歯の場合には、平均寿命が約8~10年です。上手に差し歯を使っている人の中には、20年ほど持っている例も見られるようです。

インプラントvs差し歯2|使用中のお悩みを比較

インプラントと差し歯について、治療後に患者からよく聞かれるお悩みを見てみましょう。

インプラントのお悩み

インプラント埋入後の最大のお悩みは、ケアにやや手間がかかる点でしょう。3~4ヶ月に一度の頻度で定期メンテナンスに通院しなければならないほか、日常では、天然歯よりも入念なセルフケアを行わなければなりません。これら手間を怠ってインプラントに不具合が生じた場合、保証の対象にならないことがあるので注意しなければなりません。

差し歯のお悩み

「時間がたったら差し歯が変色してきた」「突然、差し歯が欠けた」など、さまざまなお悩みの声が聞かれます。「差し歯の近くの歯茎が黒ずんできた」という例もよくあるようです。

インプラントvs差し歯3|料金を比較

インプラントと差し歯の料金の違いを比較します。インプラントは自由診療なので治療費は高額。差し歯については、保険診療の被せ物を選べば料金はリーズナブルです。

インプラントの料金相場

1本20万円台~50万円台

インプラントの料金は、1本につき20万円台から50万円台が相場。インプラントの種類や素材、治療の難度、クリニックにおける料金の方針などにより、治療費はやや異なります。

差し歯の料金相場

1本3千円~15万円程度

保険診療による差し歯の場合は、1本につき3千円~8千円程度。自由診療による差し歯の場合は、1本につき4万円~15万円程度です。見栄えが気になる前歯を差し歯にする際、自由診療を選ぶ人が多いようです。

インプラントvs差し歯4|治療の流れを比較

インプラントと差し歯の治療の流れを、それぞれ簡単に見ておきましょう。

インプラントの治療の流れ

1.検査

歯科用CTなどを用い、歯の状態やアゴの骨の状態を精密に検査。安全・確実なインプラント手術のためのシミュレーションを行います。

2.人工歯根の埋入(1次手術)

歯茎を切開し、アゴの骨の中へ、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋入。しっかりと奥まで入れたのち、インプラント体を隠すように歯茎を縫合します。

3.定着

インプラント体とアゴの骨がしっかりと結合するまで、おおむね3~6ヶ月ほどの期間を置きます。

4.アバットメントの装着(2次手術)

歯茎を切開してインプラント体をあらわにし、その上にアバットメントという部品を装着。アバットメントが歯茎から顔を出す形にして、周囲の歯茎を縫合します。

5.人工歯の装着

2次手術から1~6週間後、アバットメントの上に白い人工歯を装着して治療が終了します。

※1次手術と2次手術を同時に行う術式もあります。

差し歯の治療の流れ

1.検査

打診やエックス線検査などで、歯や歯の周りの状況を検査。虫歯などの不具合が見つかった場合は、先に治療を済ませます。

2.土台の埋入

歯根の中に、歯の土台(柱のようなもの)を埋入します。金属製の土台が一般的ですが、患者が希望すれば歯と同じような色のファイバーコアを使うことも可能。

3.型どり

土台に合わせ、差し歯の型をとります。

4.差し歯の製作

歯科技工士により、差し歯の製作が行われます。製作には一定の日数を要するため、この間、患者が希望すれば仮歯を装着します。

5.差し歯の装着

噛み合わせを調整しながら、完成した差し歯を装着してセメントでしっかりと固めて治療が終了です。

インプラントvs差し歯5|口コミを比較

インプラントを受けた方、差し歯を入れた方、それぞれから口コミ体験談をご紹介します。

インプラントの口コミ

拍子抜けするくらい簡単な手術

静脈麻酔で半分眠ったような状態で手術を受けたので、怖くありませんでした。術後の痛みや腫れも、薬で治まる程度。拍子抜けするくらい、簡単な治療だった印象です。永久歯がまた戻ってきたような感じで、とてもうれしいです。

ブリッジより快適

治療費が高いことに悩んだのですが、主人が背中を押してくれたので、思い切ってインプラントを受けることにしました。ブリッジの歯も残っている状態なのですが、ブリッジに比べてインプラントのほう快適ですね。硬いものを噛んでも大丈夫という安心感があります。

歯も気持ちも若返った感覚

どんなものでも噛んで食べられる、ということが、こんなに幸せなことだったとは。この感覚、何年も忘れていました。インプラントを入れた今、歯だけではなく気持ちも若返ったかのようです。金銭的には大変でしたが、インプラントを選んで正解でした。

差し歯の口コミ

何の不便もなく使用中

前歯が折れてしまい、あまりにも間抜けな顔になってしまったため、近所の歯医者に行きました。最初はインプラントを勧められたのですが、歯の根っこが残っていたので、インプラントをする意味を感じませんでした。差し歯を入れて3年になりますが、何の不便もなく使っています。

ほぼ天然の歯と同じ

差し歯の根っこをトンカチのようなものでトントン叩きながら入れるのですが、これが脳天に響くような感じがして気持ち悪かったです。後は特に大げさな治療はなかったですね。差し歯にしてから、ほぼ天然の歯と同じような感覚で使えていますよ。

差し歯はホワイトニングできない

前歯を差し歯にして3年。特に不便もなく使っていました。ある時、ふとホワイトニングに興味を持ち、近くの審美歯科に相談。すると歯科衛生士さんから、差し歯の部分は白くできないと説明を受けました。すごく残念でした。

インプラントvs差し歯6|海外での動向を比較

インプラントと差し歯について、海外での扱いを見てみましょう。

インプラントの海外事情

北欧を始めとしたヨーロッパ全土、およびアメリカ、韓国などにおいては、歯が根元から欠損したときの治療法として、インプラントは主な選択肢の一つとなっています。日本でもだいぶインプラントが普及してきましたが、欧米のほうが遥かに普及しているのが現状です。

差し歯の海外事情

インプラントの普及・拡大と反比例するかのように、欧米では、差し歯の需要が縮小してきたと言われています。並行して、ブリッジや入れ歯を選ぶ人も減ってきたようです。

まとめ

以上、インプラントと差し歯の違いを比較しながら確認しました。

歯が欠損したときの治療法として、昨今ではインプラントを選ぶ患者もだいぶ増えてきました。差し歯に比べれば、機能性や寿命などの観点ではインプラントのほうが良いことは間違いないでしょう。

ただし、問題のない歯根が残っている患者の場合、差し歯でも十分に対応できる可能性があります。信頼できる歯科医師に相談のうえ、ご自身に最適な治療法を選ぶようにしましょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP