インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラント治療と他の方法を比較 » インプラントとスマイルデンチャーの違い

インプラントとスマイルデンチャーの違いを比較

歯が抜けたときの治療法として、ここでは、インプラントとスマイルデンチャーをピックアップし、それぞれを比較しながらご紹介します。

スマイルデンチャーとは、簡単に言えば、金属を使わない部分入れ歯のこと。金属アレルギーのある人や、口の中に金属が覗くことを避けない人などに適している治療法とされています。

インプラントとスマイルデンチャーの特徴、メリット・デメリット、料金相場、それぞれを使用している人たちからの口コミなどを見ていきましょう。

インプラントvsスマイルデンチャー1|特徴と寿命を比較

インプラントとスマイルデンチャーの特徴、および寿命を比較してみましょう。

インプラントとは?

インプラントとは、歯がなくなった部分のアゴの骨に人工歯根を埋め込み、その人工歯根の上に人工歯を装着する治療法のこと。人工歯根に使われるチタンは骨と強力に結合する性質があるため、治療後は、まるで天然の歯根のような強度が実現します。

寿命は20年とも30年とも

インプラントを埋入してから10年後の残存率は90%以上。適切なケアを続けている限り、20年後でも30年後でも十分に機能している例が多数見られます。インプラントとともに天寿をまっとうする人も少なくありません。

スマイルデンチャーとは?

スマイルデンチャーとは、金属を使用しない部分入れ歯のこと。通常の部分入れ歯には「クラスプ」と呼ばれる金属製のフックが付いているため、口を開けたとき、金属がキラリと覗くことがあります。一方でスマイルデンチャーには金属が使用されていないため、大きな口を開けて笑っても、入れ歯であることに気付かれにくいのが特徴です。

寿命は3~5年程度

スマイルデンチャーの寿命については、歯科医師によって見解が大きく分かれています。1~2年が限界とする歯科医師もいれば、7~8年は問題ないとする歯科医師もいるようです。多くの医師の見解を平均すると、スマイルデンチャーの寿命は3~5年程度と考えるのが妥当でしょう。

もとよりスマイルデンチャーは、入れ歯の一種です。入れ歯の平均寿命は3~5年と言われています。

インプラントvsスマイルデンチャー2|使用中のお悩みを比較

インプラント埋入後のお悩みと、スマイルデンチャー装着後のお悩みを比較してみましょう。

インプラントのお悩み

ほぼ天然歯に近いとされるインプラントですが、日常のケアは天然歯よりも念入りにやらなければなりません。日々、正しいブラッシングをこまめに行うとともに、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けることが必要となります。

天然歯とは違って、インプラントには神経や血管が存在しません。よってトラブルに対する自己修復能力がまったくないため、天然歯よりも入念なケアが必要です。

スマイルデンチャーのお悩み

スマイルデンチャーは、部分入れ歯の一種です。よって、スマイルデンチャーを使用している人のお悩みは、通常の部分入れ歯を使用している人のお悩みと同じと考えて良いでしょう。

硬いものを噛むときに不安があったり、何らかの拍子に取れてしまったりなどのお悩みが考えられます、。

インプラントvsスマイルデンチャー3|料金を比較

インプラントとスマイルデンチャーの料金を比較してみましょう。

インプラントの料金相場

1本20万円台~50万円台

インプラントの料金は、1本あたり20万円台~50万円台です。料金はクリニックが自由に決めることができるので(自由診療)、クリニックによって治療費が大きく異なることを了承しておきましょう。加えて、インプラントのメーカーや品質、手術の難易度などによりトータルでの治療費は大きく異なってきます。

スマイルデンチャーの料金相場

7本まで8万円~15万円

スマイルデンチャーは自由診療なので、治療費はクリニックによって大きく異なります。多くのクリニックの料金表を見てみると、7本までで8万円~15万円の範囲が治療費の相場のようです。

インプラントvsスマイルデンチャー5|口コミを比較

インプラントを選んだ人とスマイルデンチャーを選んだ人、それぞれからの口コミ体験談をご紹介します。

インプラントの口コミ

インプラントをやって良かった

手術は怖いしお金はかかるし、最初は躊躇していたインプラントですが、今ではインプラントをやって本当に良かったと思いっています。入れ歯では叶わなかったアワビのコリコリした食感も楽しむことができるまでになりました。大事な場面ではグッと歯を食いしばることもできます(笑)。

人工の歯であることを忘れる

何でも食べることができるようになったことが、インプラントを受けた最大の収穫です。人工の歯であることを、時々忘れてしまうほど快適ですね。高額な治療だったので、一生大切に使っていくために、こまめな手入れを続けて行きたいと思います。

機能性も見た目も元通り

買い物中に転倒して顔面を強打。歯が根元から折れてしまいました。すぐに歯科医院に行ったのですが、差し歯も無理で抜歯しなければならない状況。入れ歯は嫌だったので、インプラントにしました。治療後は、機能性も見た目も完全に元通り。こんなに素晴らしい治療法があったんですね。

スマイルデンチャーの口コミ

見た目にも使用感にも満足

先生にはインプラントを勧められたのですが、費用が高額だったため、スマイルデンチャーを選びました。笑ったときに金属が見えないので、見た目の満足度はすごく高いです。使用感も特に問題を感じたことがありません。スマイルデンチャーを選んで正解でした。

入れ歯であることがバレない

スマイルデンチャーにして半年くらいたちますが、職場の同僚からも友達からも、入れ歯であることがバレていません。私から「実は入れ歯なんだ」と告白すると、逆に驚かれます。こんないい入れ歯があったなんて、もっと早く知りたかったです。

保険の入れ歯より使いやすい

以前は保険の入れ歯を使っていたのですが、スマイルデンチャーに変えてから、すごく使いやすくてびっくりしています。最初は少し違和感があったのですが、すぐに慣れました。内側が滑らかで、保険の入れ歯とはまったく別物ですよ。

インプラントvsスマイルデンチャー6|海外での動向を比較

インプラントとスマイルデンチャーについて、海外での扱いや位置づけはどうなっているのでしょうか?

インプラントの海外事情

欧米を始めとした先進各国では、歯を失ったときの治療法として、インプラントは一般的な治療となっています。ヨーロッパやアメリカの歯科大学の中には、入れ歯やブリッジの講義よりも、インプラントの講義のほうが充実している例も見られるほどです。むしろ日本は、先進国にしてインプラントの普及が遅れている地域とされています。

スマイルデンチャーの海外事情

スマイルデンチャーを始めとしたノンクラスプ式の入れ歯は、アメリカで50年以上の歴史を持つ一般的な治療装置。先進国を中心に、世界30か国以上で採用されているメジャーな歯科治療の一つです。

まとめ

以上、歯を失ったときの治療法の中から、インプラントとスマイルデンチャーを比較してご紹介しました。

歯がなくなったときの選択肢として最も理想とされている方法が、インプラントです。しかしながらインプラントは、すべての患者が適応となるわけではありません。糖尿病や骨粗鬆症、リウマチなどの持病を持つ人には、インプラントが不適応となる場合があります。

そのような人たちにおいては、インプラントのように高い審美性も備えたスマイルデンチャーが、一つの選択肢として推奨されることでしょう。信頼できる歯科医院で相談のうえ、ご自身に最適な治療法を検討してみてください。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP