インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラント治療と他の方法を比較 » インプラントと何も入れない場合の違い

インプラントを入れた時と入れない時の違いを比較

歯が抜けたときの対処法には、インプラントやブリッジ、差し歯など、いくつかの方法があります。しかしながら中には、これらの治療法を選択せず、何も入れないまま放置する人もいるようです。

ここでは、歯が抜けたときの対処法として、インプラントを入れた場合と何も入れない場合との違いを比較します。どんな事情があれ、何も入れないという選択肢は避けるべきでしょう。

インプラントを入れた状態と何も入れない状態

インプラントを入れた状態と何も入れない状態をイメージしてみましょう。

インプラントを入れた状態

インプラントを入れると、ほぼ永久歯が戻ってきた状態と同じになります。硬いものを噛んでも、特に問題は起こりません。

日常的に適切なケアを行い、かつ、歯科医師の指示にしたがって定期メンテナンスに通院している限り、インプラントの寿命は20年とも30年とも、半永久的とも言われています。

何も入れない状態

歯がない部分はもとより、その両隣の歯が移動するなどして、全体的に噛み合わせが悪くなります。噛み合わせが悪くなった結果、消化不良から全身の健康に悪影響を及ぼすこともあるでしょう。いざ治療を決意したとしても、全体の歯に影響が及んでいる可能性があるため、治療費は高額となります。

前歯の欠損の場合には、見た目が悪くなるという問題も大きいでしょう。

インプラントvs何も入れない1|お悩みを比較

インプラントを入れた場合と、何も入れない場合とのお悩みを比較してみましょう。

インプラントのお悩み

インプラントを入れた人たちから多く聞かれるお悩みが、治療後のケアにやや手間がかかるということ。天然歯とは異なり、インプラントには血管も神経も存在しないため、自己修復能力が皆無なことからトラブルが生じやすくなります。そのトラブルを予防するため、天然歯よりも念入りなケアが必要となります。

定期メンテナンスとして、3~4ヶ月に1回の頻度で歯科医院に通院する必要があることも、忙しい人にとっては大変でしょう。

何も入れないことのお悩み

上手に咀嚼をできないことや、しゃべるときに発音がしにくいこと(空気が抜けてしまう)、老け顔に見られること、笑ったときの見た目が悪くなること、顎関節症を誘発することなど、さまざまなお悩みが聞かれます。

インプラントvs何も入れない2|料金を比較

インプラントを入れた場合と何も入れない場合とで、料金の違いを比較してみましょう。

インプラントの料金相場

1本20万円台~50万円台

インプラントを入れる場合、1本あたりの治療費が20万円台~50万円台となります。インプラントの種類や品質、治療の難度、歯科クリニックの方針などにより、費用は大きく異なります。インプラントは自由診療(保険が効かない治療)なので、高額な治療費がかかると考えてください。

何も入れないときの料金相場

0円~1万2千円程度

歯が抜けたり欠けたりした状態のまま放置するならば、料金がかかることはありません。

虫歯などが進行して抜歯してもらう場合には、抜歯の難易度に応じて最大で1万5千円ほどかかることがあります。簡単な抜歯であれば2千円前後です。

インプラントvs何も入れない4|口コミを比較

インプラントを入れた人からの口コミと、何も入れない人からの口コミをご紹介します。

インプラントを入れた人たちからの口コミ

噛み合わせがすごく快適

インプラントを3本入れてもらいました。他にもインプラントにしたほうが良い部分があったのですが、予算の都合で3本にしておきました。治療から3年がたちますが、噛み合わせがすごく快適です。お金に無理のない範囲内で、今後も少しずつインプラントを入れて行きたいと思います。

ほとんど自分の歯のよう

アゴの骨の中に金属を入れると聞いたとき、恐怖のあまり頭が真っ白になったことを覚えています(笑)。あれから10年がたちますが、今ではインプラントを入れたことを忘れることがあるほど、自分の歯として馴染んでいます。多くの人にインプラントをおすすめしたいですね。

何も心配せず食事ができる

以前は入れ歯をしていたのですが、餅や団子などと一緒に外れて飲み込んでしまいそうになったことが、何度かありました。インプラントにしてから、食事のときに何も心配することがなくなり、とても楽ですね。以前より歯を大切にしたい気持ちも強くなりました。

何も入れない人たちからの口コミ

数ヶ月たったら慣れてきた

治療が面倒だしお金もないので、歯が抜けた状態のまま放置していました。最初は違和感があったのですが、人ってだんだん慣れてくるものですね(笑)。数ヶ月後には、歯がない状態が自然に感じられるようになっていました。当然、歯医者さんには呆れられましたが。

ブリッジの治療途中で1年間放置

あとはブリッジを入れて終わりという最終段階で、急に仕事が忙しくなって1年間、歯医者に行けませんでした。久しぶりに行った歯医者さんは感激してくれたのですが、歯が移動していたらブリッジが入らない可能性もあるとの説明。しかし何とか無事にブリッジが入り、歯医者さんも衛生士さんも私も大喜び。九死に一生を得たような気持ちでした。

見た目のせいで損をすると思う

前歯が1本ない35歳の男性が、私の勤務先にアルバイトで入社してきました。正直、かなり違和感がありました。「歯を入れたらどうですか?」と言いたくても、年上なので言えませんでした。歯がない人は、見た目のせいでかなり損をすると思います。

インプラントvs何も入れない5|海外での動向を比較

インプラントを入れる場合と、何も入れない場合。それぞれの海外事情は次のとおりです。

インプラントの海外事情

歯がなくなったときの治療法には、インプラントのほかにも、ブリッジや入れ歯、差し歯などの方法がありますが、欧米や韓国などでは、これらの中でも特にインプラントが主流になりつつあるようです。

ちなみに、日本と同様に欧米でもインプラントの治療費は高額。しかしながら欧米人は日本人よりも歯に対する意識が非常に高いため、この治療費に違和感を持たない人も多いようです。

何も入れない場合の海外事情

日本人に比べると、海外の先進国では歯を大切にする傾向があります。たとえば歯の定期健診の受診率を比較した場合、日本では全体の約6%であるのに対し、スウェーデンでは90%、アメリカでは80%、イギリスでは70%。加えて、欧米では歯の審美性(見た目)にも強いこだわりがあります。

このような事情から、特に欧米では歯が抜けたまま放置する人は、極めて少数であることが推測されます。

まとめ

以上、インプラントを入れた場合と何も入れない場合とを具体的に比較してみました。

歯が抜けた後にどのように対処をするかは、患者自身が判断して選択することです。よって「何も入れない」という選択肢も、もちろんあって良いでしょう。

しかしながら、歯がなくなって何年も放置していると、歯並びや噛み合わせの全体的なバランスが悪くなってきます。その結果、全身の健康状態にも悪い影響が生じます。

何らかの事情で歯が抜けてしまった場合には、インプラントでも入れ歯でもブリッジでも、どんな方法でも構わないので、まずは早急に対処することが望まれます。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP