知っておきたいインプラントの基礎知識

インプラント治療が必要なケースとは?

歯科インプラントのメリットが広く一般にも知られるようになって久しいですが、歯のトラブルや歯を欠損した場合には、どんな場合でもインプラント治療が最適なのでしょうか。答えはノーです。ではどんな場合にインプラント治療が最適なのでしょうか。インプラントからブリッジ、入れ歯のメリット・デメリットまで、詳しく見ていきましょう。

ブリッジと入れ歯、それぞれのメリットとデメリット

歯を失ってしまった場合の歯科治療法としては、インプラントの他にもブリッジや入れ歯という方法があります。

ブリッジとは、失った歯(欠損歯)の両隣の歯を削って、欠損歯の代わりとなる人工の歯を両隣の歯にかぶせる冠とつながった状態でつくり、固定する方法です。
様々な材質がありますが、とくにこだわらなければ保険診療の適応範囲内で治療ができるため、歯科医に進められた方も多いのではないでしょうか。

ただし、ブリッジは欠損歯を補うために、健康な両隣の歯を削る点が大きなデメリットです。また、両隣の歯には本来不必要だった大きな力がかかり続けるため、長期的な視点で見ると、歯への負担やリスクがある治療法です。

もちろん、欠損部分が1本でなく複数ある場合には、さらにブリッジは長くなります。その分、力がかかる歯の本数も1本あたりの負担も大きくなるので、やはり長期的な視点で考えたときに、デメリットが大きい治療です。

一方、入れ歯は保険診療が効くため、比較的安価で治療が受けられるのがメリットでしょう。また、顎の骨や口の中がどのような状態であっても作成することができる点もメリットです。しかし、入れ歯は取り外し式であることが最大の欠点です。保険で作成する入れ歯は大量生産される製品なので、1人1人の歯や口に合わせて作られたものではありません。そのため違和感を感じる人も多く、入れ歯をいれてみた結果、よりなじみがよくて見た目も自然なインプラントを選ぶ方が多いのです。

入れ歯では、“クラスプ”という、バネのような固定装置を残存歯に掛けて維持します。つまり、入れ歯もブリッジと同じく、土台となる歯に大きな負担をかける事も、デメリットでしょう。
長年にわたって入れ歯を入れていると、余計な力が顎の骨にかかり続けることになります。結果、その負担に耐えきれなくなった顎の骨はやせ細っていきます。噛む力が弱まってくることもあります。そのため、顎の形態の変化に応じて修理や作り変えを定期的に行う必要があるのです。

インプラント治療が最適なケース、注意が必要なケース

それではインプラント治療が最適なケースはどんな時でしょうか?

まずは、やはりなんらかの理由で歯を失ってしまった場合、とくに見た目の自然さや口腔内の違和感のなさを重視するのであれば、インプラントが最適です。例えば前歯など、高い審美性が問われる箇所や、しっかり噛むために最重要な奥歯などは、インプラントがおすすめです。

虫歯が大きく進行し、歯質が貧弱で少ない場合や、根の先に膿を持ち、それが治癒できない場合など、抜歯が必要なほど状態が悪くても、抜歯後にインプラント治療を行えば、周囲の歯に負担をかけずに、天然歯のように自然な歯を手にすることができます。

また、現在すでにブリッジや入れ歯を入れており、問題が発生していたり、今以上の満足感や快適性を求めている方。
最初に保険適用のブリッジや入れ歯を入れてみて、その違和感に耐え切れず、インプラント治療を行う人はとても多いです。しかし、一度ブリッジをすると、歯を削ったあとであったり、入れ歯をすることで周囲の歯に負担がかかって弱らせてしまったあとでは、インプラントのメリットは半減してしまいます。
できれば、ブリッジや入れ歯を検討する際に、同時にインプラントも歯科医に相談してください。

しかし、インプラント治療も万能ではありません。こんなケースは要注意。
歯の治療は全身に影響する治療ですので、傷が治りにくい体質の方の外科手術時には、大きな注意が必要です。さらに、高齢者の方についても、外科手術のリスクに配慮しなくてはいけません。
外科治療がある、という点で考えると、妊娠中の方や糖尿病などの全身疾患のある方、顎骨の量が極端に少ない方、ヘビースモーカーの方も、歯科インプラント治療を受けられないことがあります。
また、慢性の歯周病が原因で抜歯した部分に歯科インプラント治療を行った場合は、他の理由(虫歯や事故など)で歯科インプラント治療を行った場合と比較すると、20%ほど生存率が下がるというデータがあります。

長期的な視点で考えると、やはりインプラントに軍配が。

歯を失ってしまった場合の治療法としては、インプラント、ブリッジ、入れ歯がありますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。しかし、歯を一生モノと捉えて長期的な視点で口腔内の健康を考えた場合は、やはりインプラントに分があると言えます。
ただし、インプラントは外科手術も必要な高度な治療のため、どこの病院でも同じレベルの治療が受けられるかというと、残念ながらそうではありません。実績がある腕のいい医師や、設備の整ったクリニックをしっかり見定め治療にとりかかる必要があることを忘れないようにしましょう。

NEXT インプラントの値段の相場を知る
一流技術の名医に出会えるインプラント歯科口コミ・評判総合ランキング!

Page TOP