インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラント利用者の声 » インプラント経験4年半の方にリアルな感想とアドバイスを聞いた

インプラント経験4年半の方のリアルな感想

インプラント経験が4年半の野村さん(仮名)へインプラント利用を決断から当時からいままで使用してみた感想など細かく聞いていきます。

そもそもなぜインプラントを?

食事を行うたびに右下の奥歯や歯茎が痛み、昔から通院している歯医者に診察してもらいました。ひび割れの可能性を指摘され、さらに詳細な診察を行なっているクリニックを紹介してもらいました。

訪れたクリニックでCTを撮ってみると、歯根部分にひび割れがあることが判明しました。これが奥歯の痛みの原因だったのです。できれば歯は抜かずに残しておきたかったのですが、抜歯の必要性や治療の選択肢、インプラントのメリットなどのお話を詳しく伺い、最終的にインプラント治療を受けることを決断しました。

インプラント治療の現状(本数、経過年数など)について

今から4年半前に、右下の一番奥の歯を1本インプラント治療を行いました。インプラント治療を行なった後は当初感じていた痛みがなくなり、どんな食材でも思い切り噛んで食事をとることができるようになりました。現在も普段通りに食事をすることができ、通常の日常生活を過ごしています。

当初不安に感じていたのは、インプラントを入れてしまうと口元にずっと違和感が残るのではないかという点でした。しかしこの点もすぐに解消されました。手術後1〜2日はやや違和感はあったのですが、1週間もすると違和感など感じることがなくなり、それからずっと特に痛みも感じることなく現在まできています。

今後5年10年と時間の経過によりどのように変化して行くのか全く不安がないわけではありません。しかし定期的にクリニックに通いチェックしてもらっているので、それほど心配していないというのが正直な気持ちです。

実際に受けたインプラント治療法

私はインプラント治療は一回法で行いました。インプラント治療は、手術を一回で行う一回法と手術を二回行う二回法があります。かつては一回法は細菌感染の恐れがあることから二回法で行うことがほとんどでした。しかし最近は安全に行えば一回法でも細菌感染のリスクを減らせると聞いたからです。

一回の手術で済むことから手術前の心理的なストレスが軽くなったように感じています。正直に言えば、二回手術することは避けたいというのが本音です。ただでさえ歯肉にメスを入れることに抵抗があることから、一回で済むのならそれに越したことはないと感じています。

一回法を行うことにより、治療期間を短縮することができました。金銭的な面では、一回法にかかる費用の方が二回法よりも安くなります。治療代金をできるだけ安く抑えたいのであれば、一回法を検討してみてはいかがでしょうか。

インプラント治療にかかった費用

インプラント治療にかかった費用は、インプラント本体や人工歯、アパットメント、手術費用を全て含めて、総額30万円です。総額の内訳として、インプラントが20万円、人工歯が5万円、アパットメントが5万円、手術代は0円でした。

もっと安くインプラント治療を行っているクリニックは他にいくつもありますが、経営状態がよくないクリニックだったり、経験が乏しいドクターが施術したりと、あまりいい噂を耳にすることはありません。

インプラントは保険が効かない自由診療であることから、正直に言うと費用面が心配でした。一般的にインプラント治療の相場は30〜50万円程度と言われていますが、紹介されたクリニックは一体どれくらいかかるのか全く予想がつかず、事前にインターネットで調べました。

その結果費用は相場とほとんど変わらず、むしろ手厚いアフターケアなどを考慮すると他の歯医者よりお得だったと感じています。

インプラントをすることになったきかっけ

インプラントをするきっかけになったのは、訪れたクリニックでとても丁寧な説明を受けたことです。クリニックに訪れる前はインプラント治療に対して不安視していました。できる限り自分の歯は抜かずに残してきたいという気持ちが強くあったのです。また、上手に言いくるめられてインプラント治療に誘導されるのでは?といった猜疑心があったのも事実です。

クリニックに行く前に自分なりに他の治療法についてインターネットで時間をかけて調べました。歯を残したまま治療を行う根管治療などがありましたが、うまく行く場合もあればうまくいかない場合もあるようです。結局自分ひとりで判断することができませんでした。

クリニックの先生は親身になり丁寧に説明してくださり、仮に根管治療で歯を残したとしても数年後に再発する可能性が高いことを指摘されました。
強引にインプラント治療を進めるのではなく私の質問にひとつひとつ丁寧に答えてくださり、私が抱えている疑問点を解消してくれたのです。

その結果、やはり歯を抜くことが最良の治療なのだと納得することができました。抜歯後の治療法としてインプラント以外にもブリッジ治療についても説明してくださいましたが、両者のメリットやデメリットを考慮した結果、インプラントを選択しました。
インプラント治療ありきではなく、ブリッジなど他の治療法も紹介された点に先生の誠実さを感じた次第です。

クリニック選びの決め手

私が住んでいる街には数多くのインプラント対応可能なクリニックがありますが、治療するクリニックを選んだ決め手はひとつではなくいくつかあります。個人的には以下のポイントがクリニック選びには欠かせないと思っています。

  • 信頼性(評判や技術力)
  • クリニックの雰囲気
  • 治療費用
  • 先生の人柄

信頼性

信頼性ですが、もともと何年も通っていたクリニックの先生からの紹介だったことから、最初から信頼はしていました。インターネット上やグーグルマップでの評判もチェックはしていましたが、特に悪い評判や不安点もありませんでした。
ホームページ上にもクリニックの治療方針やインプラントの手順、お客様の声などが丁寧に掲載されており、治療費用も明瞭でした。

クリニックの雰囲気

クリニックの雰囲気ですが、まず一歩足を踏み入れた際の第一印象は非常に清潔だと言うことです。それほど大きくない待合室は綺麗に整理整頓されており、毎日時間をかけて丁寧に掃除をしていると感じました。受付の女性の方も感じがよく、笑顔で迎えて丁寧に対応してくださいました。事前に電話で予約した際も応対の仕方が気持ちよく、良い印象を持ったことを覚えています。

治療費用

治療費用ですが、クリニックごとに価格に差がある点が気になっていました。あまりに高すぎる場合は通うことができませんが、逆に安すぎると本当に大丈夫なのか不安になります。しかし自分が行ったクリニックの治療費用は相場とほとんど変わらず、ホームページ上に料金やその内訳まできちんと掲載されていたので安心することができました。

先生の人柄

最終的な決め手は先生の人柄でした。昔から通い慣れていたクリニックの先生からの紹介で訪れたのがきっかけでしたが、大切な判断ポイントは先生との相性が合うかどうかだと思っています。

素人である私の些細な質問に対しても丁寧に答えてくださり、インプラント以外の選択肢もきちんと説明していただきました。インプラントにした場合の治療の流れや手術の内容、治療期間などを分かりやすく説明していただいたので安心して治療にのぞむことができたのです。

これは治療が進む中で分かったことですが、先生と私との共通の趣味がありました。それは登山です。治療を行いながら登山の話で盛り上がり、緊張を和らげることができました。これは偶然に分かったことでしたが、先生との距離感を縮めることができたひとつのエピソードです。

あえて気になる点があるとすれば、自宅や職場からやや時間がかかる場所にある点です。私は仕事が比較的忙しく、ウィークデイは朝早くから夜遅くまで仕事があるためなかなか時間を取ることができません。職場の近くに歯医者があれば仕事の帰りに気軽に立ち寄ることができたため、週末を通院に当てることなく有効に過ごすことができたかもしれません。

しかしながら、最終的には先生の人柄の良さに加えて、クリニックで働いているスタッフが皆さん本当にあたたかく、クリニック全体が優しい雰囲気に包まれていたことも、クリニック選びの際の大きなポイントになりました。

当時(4年半前)のインプラント施術前後の心境

初めてクリニックに足を運んだ当時の心境は正直に告白すると複雑でした。先生の説明は丁寧に行われ、クリニックのスタッフも親切に接してくれました。しかし、インプラント手術自体が全く初めての経験だったため、インプラント治療を受けると決めた後も本当に治療がうまく行くのか不安だったのです。手術の前日はあまり眠ることができず、手術当日は朝からゆううつで、クリニックに行く足取りも重かったことを覚えています。

手術自体はあっという間に終わりました。麻酔をしていたことから痛みはほとんど感じることなく、予想以上にあっけなく終わったというのが素直な印象です。施術の際も丁寧に説明があり、先生やスタッフから何度も優しく声をかけていただいたので、いつの間にか緊張がなくなりリラックスして施術を受けることができました。

施術した後は、是術前に感じていた不安はいつの間にかどこかへ消えてなくなっていました。どうやら私は見えない不安と戦っていたようです。勝手に悪い結果を想像して勝手に不安になっていましたが、実際に施術を受けることで余計な疑念は一掃することができ、すっきりとした気持ちで過ごすことができました。

インプラント治療後の変化

インプラントの治療を終えた後は、治療する前に抱えていた慢性的な痛みや違和感を感じることが全くなくなりました。正直にお伝えすると、インプラントを行うと自分の体の中に金属をずっと入れておくことになるため、治療前はインプラント自体に抵抗がありました。副作用が発生したりわずかな痛みがずっと残るのではないかという危惧感があったのです。

実際に治療を行った当日も、痛みが出るのではないかと心配していました。しかし麻酔や痛みどめのおかげでしょうか、治療後もほとんど痛みを感じることはありませんでした。人によっては手術後数日経ってから痛みが発生する場合があると聞いていましたが、自分の場合は治療が奥歯一本だけだったこともあり、痛みを全く感じることなく過ごすことができました。

普段の生活ですが、治療後4年以上経ちますが今の所全く問題なく過ごしています。手術後数日は、奥歯を思い切り噛んだり歯をくいしばる行為にやや抵抗がありました。しかし痛みや違和感がまるで感じられないことから、いつの間にか思い切り物を噛んだり運動の際に歯をくいしばる行為を行なっていたのです。

私は趣味で登山を行なっています。登山で勾配がある山道などを登る際は歯をくいしばることが多々あるのですが、自分がインプラントをしていることを忘れるほど何の躊躇もなく思い切り歯を食いしばり山を登ることができています。実際治療する前は奥歯の慢性的な痛みから、登山をすることさえ控えるようになっていましたが、そのようなことがなくなり登山を楽しめるようになりました。

食事の際も、治療前は奥歯を使って物を噛むことができず辛い思いをしていました。一方の奥歯だけを使い肉を噛んだり、できるだけ柔らかいものを食べるように自然と食事を選んでいたように思います。痛みを抱えていた当時はそれすらもできず、大きなストレスを抱えていたのです。

しかし治療後は食べ物を選ぶ際も全く気にすることなく食べたいものを自由に選んで食べることができるようになりました。歯が丈夫な時はそれが当たり前に感じていましたが、実際にインプラントを入れて食事をするようになり、好きなものを自由に食べることができる幸せを実感するようになったのです。

また私だけでなく家族にも変化が起こりました。それまで私の歯の状態に配慮して柔らかな食事ばかり提供してくれていた妻も、私が治療をして自由に食べれるようになってから様々な食事を作ってくれるようになりました。自然と食事の時間が楽しみになり、家族で和気あいあいと食事できる時間を持てるようになったのです。

インプラント治療後のメンテナンスについて

治療後のメンテナンスですが、インプラント施術後1年以内はなんらかの問題が起こりやすいと言われています。通院しているクリニックからは、半年に一回は必ずメンテナンスに訪れるように言われています。

クリニックからはメンテナンスの時期になるとハガキでお知らせがあるので安心です。クリニックに行った際は現在の状況をお話しして、状態を確認してもらいます。
さらにレントゲンを撮って顎の骨の状態をチェックしてもらい、上部構造を外してインプラントの状態を確認してもらいます。他には歯の噛み合わせ、歯周病のチェック、歯石とりなどを時間をかけて行ってもらいます。

また、自宅でも自分でメンテナンスできるように歯磨きの仕方やフロスの使い方も教えてもらっています。歯磨きのポイントは、インプラントを傷つけないようにあまり力を入れすぎず時間をかけて丁寧に磨くことです。毎回優しい歯科助手さんからやり方を教えてもらい、教えられた通りに実践するように心がけています。

自分でしっかりとメンテナンスするために、治療後は改めて歯ブラシとフロス、歯間ブラシを一式購入しました。歯ブラシとフロスや歯間ブラシを併用することにより、隅々まで磨くことができるため、日々実践しています。

メンテナンスを怠ると、インプラントを入れた歯茎の周囲に歯周病菌がたまると言われています。炎症が骨まで達するとインプラントが抜けてしまう場合もあるようです。
そうならないように定期的にクリニックに通いインプラントの状態をチェックしてもらいながら、日々の自己メンテナンスに取り組んでいます。

現在の歯の様子と感想

インプラントを行う前は正直なところ不安だらけでした。これまで大きな手術をしたことがなく、体にメスを入れたこともありません。失敗するかもしれないと不安になったこともありました。

しかし先述の通り丁寧な説明を受けて安心した状態で施術を受けることができ、幸いにも術後は大きな晴れや痛みもなく日常生活に戻ることができました。

現在の歯の様子はいたって良好です。噛み合わせもよく特に痛みを感じることも有りません。クリニックの先生から言われている通り日頃からメンテナンスを行なっており、少しでも違和感があれば診察を受けに行っています。

今は、激しい痛みを感じる前にクリニックに行って診察してもらうことが大切だと感じています。インプラントを受ける前は、奥歯に痛みを抱えながら仕事の忙しさを理由にして歯医者に行くことを避けていました。その結果痛みが徐々に大きくなり、ひび割れが見つかり抜歯しなければならないほど悪化していたのです。

インプラントをする以前はインプラントに関する知識がほとんどなかったので、インプラント治療に対する不安は大きかったです。「お金がかかる」「大掛かりな手術がある」「術後が心配」などと、勝手に想像して不安を勝手に増長させていました。

しかし信頼できる先生から話を聞いて実際にインプラント治療を受けた後は、想像以上に治療は簡単で気楽だったという感想を持ちました。私の場合インプラント治療は「一回法」で行われたこともあり、予想以上に時間を節約することができました。

また、手術直後は若干インプラント部分が腫れましたが、手術の翌日にはその腫れは引いていました。土曜日に手術を行い日曜日は自宅で静養し、月曜日には職場に行って通常通り業務を行うことができました。術後の様子次第では数日は仕事を休むことも覚悟していましたが、結局1日も休むことなく仕事することができたのは予想外の幸運でした。

これからインプラントをしようと考えている方へ伝えたいことや注意点

これからインプラントをしようと考えている方は、多くの不安を抱えているのではないでしょうか。私自身がインプラントをする前はいくつもの不安や疑問を抱えており、インプラントに対する偏見があったのも事実です。しかしそれは、インプラントに対する知識がほとんどなかったことが原因です。インプラントについて知識を深めるほど、抱いていた疑念は払拭され精神的に落ち着くことができたのでした。

インプラントを受けるかどうか検討されている方に、お伝えしたい点が3つあります。それは以下の3つになるのでご確認ください。

  • クリニックで直接話を聞く
  • 納得いくまで探し続ける
  • 先生との相性が大切

クリニックで直接話を聞く

現在インプラントを受けるかどうか迷われているのであれば、まずはインターネットで検索して、評判のいいクリニックを探して実際に訪れることをおすすめします。ネットの評判は個人的な意見であることから、必ずしも自分自身に当てはまるとは言い切れません。目ぼしいクリニックが見つかったら実際に足を運び、先生から直接話を聞くといいでしょう。様々な疑問を投げかけ対応を見ることによって、ネット上の評判と印象が異なる場合もあります。思った以上に対応が素晴らしく印象が良くなるクリニックもあるはずです。まずはネット上だけで判断するのではなく、クリニックに訪れて先生から直接話を聞くことをおすすめします。

納得いくまで探し続ける

次に、1、2軒のクリニックに訪れて想像と違ったからと簡単に諦めるのではなく、印象の良いクリニックに出会うまで諦めず探し続けることが大切です。インプラントを行うクリニックは非常に多いことから、中には対応が悪いところや極端に料金が高いところもあるでしょう。しかし対応が素晴らしく良心的なクリニックは必ずあります。

そのようなクリニックはもともと評判がいいため、ネット上で派手な宣伝をしていないケースもあるでしょう。
ネットで検索するだけでなく、周囲の評判なども参考にしてできる限り多くのクリニックに足を運び、自分が納得のいく治療を行ってくれるクリニックを見つける努力は必要です。

先生との相性が大切

また、クリニックの先生との相性も非常に大切です。どんなに他の人からの評判がいい先生だったとしても、自分との相性が合わなければ治療を受けていても不安が残ってしまいます。最初に受信した際に抱えている疑問をぶつけてみて、どのような対応をされるのか様子をみても良いでしょう。

インプラント治療を行うとなれば、担当の先生とはメンテナンスを含めると一生の付き合いになるかもしれません。長い目で見てずっと付き合うことのできる先生なのかしっかり見極めることが大切になります。

また、インプラントを受けると決めた方へ、注意点を3つお伝えします。

  • 要望はきちんと伝える
  • インプラント費用
  • メンテナンスが大切

状況や要望をきちんと伝える

インプラントの治療を行う場合、どのクリニックでも100%うまく行くとは限りません。事実私の友人がインプラント手術を行なった際、インプラントと骨がうまく結合せず、インプラントの固定ができずに手術をやり直したケースがありました。

友人はすぐに状況をクリニックに伝えたことから、再び手術をして無事にインプラントを固定することができました。しかし自分で大丈夫だろうと勝手に決めてしまいそのままにしてしまうと、後々大きな被害が生じることになりかねません。

インプラントがきちんと固定されなければ、インプラントの周囲に歯垢が蓄積して延焼する可能性があります。それだけでなく膿が出たり歯茎が痩せ細るなどの症状が生まれ、最終的には歯が抜け落ちる可能性もあります。

手術をした後になんらかの違和感を感じたり、インプラントがうまく固定されずぐらつきを感じた時は、早い段階でその旨をクリニックに伝えることが大切です。治療が不十分なまま一生後悔して過ごすことは避けるべきでしょう。

インプラント費用

私自身は相場価格でインプラント治療をすることができましたが、クリニックによっては相場よりも極端に高い価格で治療を行なっているところや、極端に安い価格で治療を行なっているところもあります。

インプラント費用はそれぞれの口の中の状態や手術の方法、インプラントの材質などにより人それぞれ異なるのが一般的です。保険外診療のためクリニックによっても価格は異なることから、相場を大きく外れた価格設定がなされているケースも多々見受けられます。

しかし相場より極端に安い料金設定をしているクリニックは注意する必要があります。相場より安いということは人件費や材料費など、どこかで費用を抑えている可能性があります。その結果治療が中途半端であったあり、歯に負担がかかり人口歯が破損や脱落するなどトラブルが発生する可能性があるのです。

幸いにも私自身は今のところトラブルはありませんが、今後なんらかのトラブルが発生する可能性はゼロではありません。これからインプラントの治療をする方は、クリニックがどのような価格設定をしているのか注意しながらクリニック選びをすることをおすすめします。

メンテナンスが大切

インプラント手術が終わった後は、しっかりとメンテナンスすることが大切です。私自身、定期的にクリニックに通ってインプラントの状態を確認してもらい、必要な手入れをしてもらうようにしています。

それだけでなく、毎回の食後の歯磨きやフロスでの手入れ、歯間ブラシを使ったメンテナンスを自分自身で行なっています。最初の頃は面倒だと感じてしまいやらない日もあったのですが、徐々に習慣化することに成功して今では毎日当たり前のように自分でメンテナンスすることができるようになりました。

自分でメンテナンスする習慣を身につけるためには、周囲の家族の協力が不可欠です。私は妻に協力してもらい、私が歯磨きをするか毎食後確認するようにおねがいしています。フロスの手入れなどは最初の頃は慣れずにうまくいかなかったのですが、子供に手伝ってもらいながら一緒にフロスでの手入れを行い、徐々に習慣付けることができました。

クリニックの先生との関係性が大切

クリニックの先生との相性が大切なのはもちろんですが、互いに信頼できる関係性を意識的に作ることもとても大切になります。

私自身クリニックに訪れた際、先生にお会いした時は必ず挨拶を交わしてこちらから積極的に話しかけるようにしていました。幸いにも共通の趣味があり会話が弾み、先生の人柄を知ることができたことから、安心して治療をお任せすることができました。

先生の中にはあまり会話が上手でなく積極的にコミュニケーションを取らない方もおられます。しかし、コミュニケーション能力と歯科医としての技術力は別物です。
もし何か疑問や不安な点があった際に気軽に質問できる関係性は大切です。できるだけ患者側から先生に話しかけ、互いの距離感を縮めておくことは必要だと感じています。

インプラントを迷われている方へ

私自身、インプラントに関して最初はほとんど知識がなく、リスクを伴う高額な治療だと行った浅はかな認識しか持ち合わせていませんでした。しかし、幸いにも素晴らしいクリニックとの出会いがあり、先生やスタッフから丁寧な説明を受けることにより、インプラント治療に対する偏見がなくなっただけでなく知識を深めることができました。

インプラント治療の施術法は一つだけではありません。痛みをほとんど伴わない方法や、通常よりも時間を短縮して進める方法など、患者の状況や要望に合わせた柔軟な治療法があり選択することもできます。

予算に関しても、一律に高い料金がかかるわけではなく、インプラントの材質を選ぶことにより予算の範囲内で収めることも可能です。また一括査定サイトなどを利用して事前に複数のクリニックの見積もりを比較できることから安心できます。

安心してインプラント治療を受けるためには、クリニック選びが何より大切です。クリニックの中には十分な治療技術を持ち合わせていないにも関わらず、法外な治療代金を請求するところもあるため気をつける必要があります。
周囲の評判やホームページの内容、電話での応対やクリニックの雰囲気など、良いクリニックかどうか見極める要素はいくつもあります。しかし最終的には担当してくださる先生との相性がもっとも大切になるでしょう。

インプラント治療は一回の治療では終わらず、メンテナンスの期間も含めると長い期間先生とお付き合いすることになります。もし相性が悪かったり不信感がある状態で治療を続けたとしても、心理的なストレスがたまるだけで気持ちの良い治療を受けることはできないでしょう。

インプラント治療は時間やお金だけでなく、心理的身体的にも負担がかかる治療です。治療する前はできるだけ時間をかけて自分にとって最適なクリニックを探して、受診を決めることをおすすめします。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP