インプラントの素朴な疑問の画像
ギモン33Question33

虫歯の基礎知識から
30代の虫歯の特徴・対処法までを解説

全国でおすすめのインプラント歯科

虫歯とは?

医学的に虫歯は、「う蝕(うしょく)」と呼ばれ、口の中で増殖した細菌が酸を出し、その酸によって歯が溶かされてしまった状態を意味します。

虫歯の起こる原因とは?

虫歯は、そもそも虫歯になりやすい歯の性質であったり、いわゆる虫歯菌といった細菌の存在など、さまざまな条件が揃った時に引き起こされます。

虫歯の細菌とは

口の中には無数の細菌が存在していますが、虫歯の原因となる「酸」を作って歯を溶かす細菌のことを「原因菌(虫歯菌)」と呼びます。虫歯が起こる可能性は、これらの細菌が口の中にいることで高くなってしまいます。

糖分の多い食事や酸性の食事

原因菌のエサとなるのが、糖分の多い食事や食べかすです。エサの多い環境であれば原因菌も増殖しやすくなります。

また、歯の表面は、酸性の度合いが強まることでも溶けるといわれています。酸性の食べ物を好んで食べることで、歯の表面が溶けやすくなるケースも少なくはありません。

フッ素成分の不足

歯のエナメル質に含まれているフッ素は、歯の保護成分として働きます。しかしフッ素が不足している歯では、保護効果も弱まり、虫歯になりやすくなってしまいます。

歯の状態が悪い

穴やひび割れ、隙間がある歯は、歯垢・歯石が付着しやすくなり、細菌の温床となりがちです。

また、歯並びが悪かったり、異常な生え方をした親知らずなども同様に、虫歯ができやすいといえます。

歯周病によって歯根が露出する

歯の根元は虫歯になりやすく、歯の内側にも到達しやすいとされています。 歯周病によって歯茎がやせ、歯根が露出した状態は、虫歯の悪化を招くため気をつけなければなりません。

唾液の分泌量の低下

唾液がきちんと分泌されていると、人の口の中は食事によって酸性に傾いた場合でも、やがて中和されて元の状態に戻ります。また、唾液は、食事の酸で傷ついた歯の「再石灰化」も促し、虫歯になりかけた歯を修復する働きもあります。

しかし、病気や加齢、食事のタイミングによって、唾液が少ない状態が続くことも。酸が影響を及ぼす時間が多くなり、虫歯になりやすくなります。

30代の虫歯事情とは?

厚生労働省が行った日本全国のアンケート調査(平成28年歯科疾患実態調査)の結果を見ると、30代に入り虫歯を経験する人はかなり多いことが分かります。

30代のころから虫歯が増える?

年齢を重ねたことによる体への影響や、それまで続けてきた食生活の影響の蓄積などから、30代を過ぎた辺りから虫歯が増えやすくなるといわれています。

また、30代以上の日本人では、過半数が歯周病患者や歯周病予備軍であるともいわれており、適切なオーラルケアを心がけることが大切です。

30代で虫歯経験のある人の割合は?

一口に30代といっても、「30~34歳」と「35~39歳」では、虫歯の割合に違いがあります。

30~34歳の人で、「虫歯の経験が全くない人」の割合はわずかに8.6%であり、処置済み・未処置なども合わせると、約91%の人に何らかの虫歯経験があると分かります。

しかも、これが35~39歳になると、「虫歯の経験が全くない人」の割合は一気に0.5%まで急落し、99.5%の人に虫歯経験があるようになります。

つまり、30代は虫歯になる危険性を抱えている年代ともいえるでしょう。

30代の平均虫歯本数は?

人間の永久歯は通常28本(親知らずがある場合は32本)です。そして、30代ではまだ、一般的に28本(もしくは32本)の歯を全て保っている人も珍しくありません。

しかし、全く虫歯経験のない「健全歯」や、虫歯経験のある歯で見ると、その平均本数は変わってきます。

30~34歳では、残っている全ての歯(現在歯)の平均本数28.6本に対して、健全歯の平均本数は20.4本、言い換えれば虫歯の影響がある歯の平均本数は8.2本です。

一方で35~39歳になると、現在歯の数は変わらないものの、健全歯の平均本数が17.4本にまで減少し、1人につきおよそ11.2本の虫歯(処置済み含)があることになります。

30代の虫歯ケア

30代が虫歯の発生において重要な年齢だからこそ、それを予防する為のケアが大切です。虫歯のケアには、まず虫歯になりにくい口内環境を整える予防としての虫歯ケアと、虫歯になった歯を治療する虫歯ケアの2つがあります。

自宅でできる虫歯ケア

歯みがき・歯間ブラシ・デンタルフロス

食べかすを除去して、虫歯の原因菌が増えにくい環境を整えることは、虫歯ケアの基本です。

とはいえ、歯ブラシによる歯みがきだけでは、なかなか全ての歯垢を除去することは難しく、その為に歯間ブラシやデンタルフロスを使って、歯肉や歯と歯の隙間に残りがちな食べかすをきちんと取り去ってやることが重要です。特に、夜間の睡眠中は唾液の分泌量が減少するので、その前に歯垢や原因菌を減らしておきましょう。

フッ素配合の歯磨き粉やキシリトール配合食品

市販されている歯磨き粉の中には、フッ素や栄養成分が配合されていて、歯の耐久性を高めたり、再石灰化をサポートしたりするという商品もあります。また、歯垢や酸の発生を抑える天然由来の甘味料「キシリトール」が配合されたガムなども、虫歯予防のアイテムとして人気です。

クリニックでの検診・治療

虫歯が痛くなってから歯科クリニックへ行く人は少なくありませんが、実はその時点で、虫歯はかなり進行している恐れがあります。

その為、定期的に歯科クリニックを訪れて、虫歯チェックや歯石除去をすることは、決して無駄でありません。

虫歯が進行し、歯の損傷が大きければ、悪くなった歯を削ったり、詰め物をしたりという治療が必要になります。しかし、ごく初期の虫歯であれば歯を傷つけずとも治療ができる場合もあり、普段のケアが大切です。

虫歯のなかでも抜歯となるケース

虫歯が進行した場合、それ以上の悪化を防ぐ為にも虫歯を抜いてしまうこともあるでしょう。

親知らず

親知らずが正しく生えていて、口内環境に悪影響を及ぼしていなければ、抜く必要はありません。しかし、親知らずのせいで噛み合わせが悪くなったり、虫歯になりやすくなったりと、問題が生じていれば、親知らずの抜歯が検討されます。

歯の大部分が失われている虫歯

虫歯が進行して歯根しか残っていない場合、そのままでは原因菌があごの骨にまで感染してしまう恐れがあります。その為、その前に抜歯して原因菌を除去しなければなりません。

歯根の奥に膿がたまっている場合

歯根の中にある神経が損傷したり、死んでしまったりすると、そこに膿がたまりやすくなります。そして膿が大量になると、周辺の骨を溶かす恐れがあるので、悪い部分の歯を抜くことがあります。

虫歯以外の理由での抜歯

歯根が割れている

噛む力が強すぎたり、歯並びが悪かったりすると、歯が欠けたり割れたりすることもあるでしょう。この際、歯の根元から完全に割れてしまっていると、修復ができない為、抜歯が必要です。

重度の歯周病

歯周病が進行して重症化すれば、歯周病の治療や痛みの緩和の為に抜歯を行うことがあります。

矯正治療や先天性の病気の治療に伴う抜歯

歯の矯正や、先天性の病気の治療を行う為に、抜歯が必要なこともあります。

抜歯となった場合の対処法

永久歯を抜歯した場合、歯が自然に生えてくることは二度とありません。しかし、歯が失われた状態では、食事の楽しさや健康状態に悪影響が出ることも考えられます。そうなると、何らかの方法で歯を取り戻すことが必要です。

インプラント

歯科分野におけるインプラントは、あごの骨に人工歯根を埋め込んで、そこに人工歯を固定することで、歯を取り戻す治療法です。インプラントは、1本から、いっそ全ての歯を失ってしまった患者にも適用可能で、さらにまるで自分の歯と同じように扱えることがメリットです。

ただし、インプラントの材料やメーカーは数多くあり、耐用年数や費用など、専門医へ色々と相談した上で納得できるものを決めなければなりません。特に、あごの骨が薄い人や、他の病気を治療中の人など、通常のインプラント手術では治療が難しいこともあるので、まずしっかりとした実績を持っていて、信頼もできる専門医を捜すことが重要です。

入れ歯・ブリッジ・差し歯

インプラントの他にも、失った歯の代用として、脱着可能な義歯(部分入れ歯)や差し歯、ブリッジによる治療もあります。ただし、部分入れ歯やブリッジは、周囲の歯を使って義歯を固定する為、多くの歯を失った患者では使えません。また差し歯の場合、歯根が残っている人でなければ使えないという問題があります。

まとめ:「30代は虫歯について考えるターニングポイント!」

30代を過ぎると、歯の劣化や歯周病の悪化から虫歯になりやすくなってきます。また、仕事や家事・育児などでなかなか歯科クリニックへ行く時間を作れず、結果的に治療が遅れてしまって、抜歯となるケースも珍しくありません。

歯を失うと顔の形が変わるだけでなく、食事を楽しめなくなったり、噛む回数が減って消化・吸収に悪影響が出たりします。

インプラントなどによって、失われた歯を取り戻すことは、単に口の中の治療だけでなく、生活の質を高めることに直結することを覚えておきましょう。

全国でおすすめのインプラント歯科

Page TOP