インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト » インプラント治療のギモン » オールオンフォーとは?
インプラントの素朴な疑問の画像
ギモン46Question46

オールオンフォー

  

総入れ歯に代わるインプラント手術。4~6本のインプラントで片顎すべての歯を回復させることが可能。

オールオンフォーとは、4~6本のインプラントを土台に、片顎すべての歯を回復させる手術。上下すべての歯を失っている方でも、合計8~12本のインプラントを埋入することで、すべての歯を取り戻すことができます。手術当日から仮歯を装着して食事を摂ることも可能。

全国でおすすめのインプラント歯科

オールオンフォーとは

オールオンフォーとは、4~6本のインプラントを土台にして、上顎全部、または下顎全部の歯を回復させる治療法のこと。顎の骨の状態にもよりますが、上下すべての歯を失った患者でも、上下で合計8~12本のインプラントを埋入することにより、すべての歯を回復させることができます。

一般的なインプラント手術で多くの歯を回復させる場合、基本的には、失った歯の数だけインプラント体を埋入しなければなりません。しかしながら、仮に上下すべての歯のインプラントを行った場合、体への侵襲が高いことはもちろんのこと、費用の面でも現実的ではない額になります。加えて、顎の支持骨不足による広範囲な骨造成法も必要となれば、治療が完了するまでに長い期間を要します。

一方で、体への負担と費用の問題を同時にクリアしつつ、速やかに多くの歯を回復させる治療法がオールオンフォー。画期的なインプラント手術として、世界中の歯科医療現場が注目しています。

なおオールオンフォーは、一般的なインプラント手術とは異なり、1回で治療が完了します。治療の当日から仮歯を装着し、食事を摂ることも可能です。

総入れ歯に比べたときのオールオンフォーのメリット・デメリット

オールオンフォーのメリット

  • 手術の当日から仮歯で食事を摂ることができる
  • 総入れ歯より咀嚼能力が高い
  • 入れ歯とは違い歯がズレることがない
  • 顎への負担が軽減されるので、骨が痩せるのを防げる

オールオンフォーのデメリット

  • 保険適用とはならないので治療費が高い
  • 外科手術が必要となる
  • 術後、総入れ歯とは異なるメンテナンスが必要となる

オールオンフォーを受けた方の体験談

40台の終盤に差し掛かり、行きつけの歯医者さんから「この義歯が抜けたら入れ歯だね」と言われていました。まだお婆ちゃんでもあるまいし、入れ歯だけは避けたいと思っていたところ、ある本でオールオンフォーという治療法があることを発見。さっそく、オールオンフォーをやっているクリニックに相談に行きました。

先生からの説明を受け、オールオンフォーなら入れ歯を避けることができるとを確信。費用や治療日数の問題もありましたが、まだまだ長い人生なのでお願いすることにしました。

以後、約1年にわたり通院しましたが、苦労の甲斐あって無事治療が終了。今では毎日快適な生活を送れるまでになりました。

オールオンフォーは、歯がまったくなくなった人にとって夢のような治療法です。昔のような歯に戻すことができて、本当に嬉しいです。

ソケットリフトの流れ

  • 1.上顎の骨にドリルを進める
    上顎の骨が不足している部分にドリルを進め、上顎洞から約1mm手前(シュナイダー膜)でドリルを止めます。
  • 2.自家骨・人工骨などを注入する
    シュナイダー膜を破らないよう、人工骨や患者の自家骨などの骨補填材を慎重に注入していきます。
  • 3.インプラントを埋入する
    骨補填材が十分に注入されて高さが生まれた時点で、インプラントを埋入します。なお、埋入したインプラントが完全に固定されるまでに、約4~5ヶ月の期間がかかります。
全国でおすすめのインプラント歯科

Page TOP