インプラントの素朴なギモン
インプラントとは何か?(イメージ)
ギモン1Question1

インプラントとは何か?

失われた歯のかわりに働く「第二の永久歯」。
人工歯根が骨と一体化します。

インプラントとは、失われた歯のかわりに使える人工の歯のこと。入れ歯やブリッジと違って骨にしっかり結びつくため、天然歯と遜色なく使えるのが最大の魅力です。このページではインプラントの基本的な仕組みや、入れ歯とブリッジとの違い、これまでの歴史をご紹介しましょう。

一流技術の名医に出会えるインプラント歯科口コミ・評判総合ランキング!

インプラントの仕組みとは

インプラントとは、なくしてしまった歯のかわりにアゴに埋め込む歯のこと。人工の歯根を骨に埋め込み、その上に天然の歯のように自然な外観の人工歯をかぶせる仕組みです。骨にしっかり定着させるため、まるで自分の歯のように使えることから「第二の永久歯」とも呼ばれています。

歯は歯茎から出ている部分の下に、歯茎の中に太い2本の歯根をしっかり食い込ませています。歯根はいってみれば植物の根っこのようなもの。根っこが丈夫な植物ほど大きく育つように、歯も歯根がどっしりとアゴの骨に定着していることが重要です。

インプラントが画期的なのは、歯肉を切開してアゴの骨に穴を開け、そこに人工的な歯根を埋め込むことで、天然の歯と同じような機能を生み出せる点。インプラントのように、歯の根っこを生み出す治療法は今のところ他にないのが現状です。

インプラントとは、アゴの骨に埋め込んで歯根と同じ働きをする人工歯根と、歯茎の上から見える人工の歯、その2つをジョイントするアバットメントの3パーツからできています。この3パーツをどのように入れるかによって手術回数や治療期間が大きく変わってきます。

入れ歯やブリッジとの比較

これまでは歯を失った場合の治療法としては、入れ歯とブリッジが代表的でした。入れ歯、ブリッジとインプラントとはどう違うのでしょうか。

■入れ歯 歯を失った場所に人工の歯茎を含めた義歯をはめ込み、周囲の歯にバネで固定する方法です。これまで最も一般的に行われてきた対処法ですが、天然歯がなくなっているだけにアゴの骨が痩せやすく、周囲の歯に負担もかけるという欠点があります。周囲に虫歯ができやすい、見た目がきれいじゃない、かみあわせが悪いなどの問題点が多いのが特徴です。

■ブリッジ 歯を失った場所に義歯をはめ、両側の歯と一緒に固定する方法です。左右の歯とセットで固定するので安定感があり、天然の歯と遜色ない自然な歯を入れることができますが、一方で健康な左右の歯を削る必要があり、周囲の歯が将来的に損傷する可能性があるというデメリットも。

入れ歯やブリッジとインプラントとが大きく異なるのは、「歯が動かない」という点に尽きます。入れ歯は着脱可能で清潔に保てるというメリットはありますが、そのぶん浮いたような感覚があり、かみあわせに違和感を感じる人も少なくありません。またブリッジは人工の歯を両側の歯に橋をかけて固定している状態のため、歯が抜けたためにアゴの骨が痩せたりすると歯並びが悪くなるというリスクもあります。

その点、インプラントはアゴの骨に埋め込むことでしっかり固定しているため、グラつきや骨が痩せるということがなく、天然歯と同様にしっかりかむことができます。ただし、インプラントには骨に穴を開けるという外科手術が不可欠であること、自由診療のため料金が高いといったデメリットもあります。

インプラント治療の安全性は?

失われた歯を取り戻す救世主として脚光を浴び、最近では多くの歯科医院がインプラント治療を取り扱うようになっています。低価格化・短期化も進み、より身近になっているのは嬉しい限りですが、一方でインプラント治療中の死亡事故や訴訟問題が発生していることも知っておく必要があるでしょう。

もともとインプラントとは外科手術を伴う難しい治療です。担当医には高度な技術と経験が求められ、歯医者なら誰でもできるというものではありません。ただインプラントは自由診療のため、歯科医院が料金を決めることができます。残念ながら、「安かろう悪かろう」で粗悪品を扱うクリニックや、経験も技術もないのに安易に手術を行う悪質な歯科医が存在します。インプラント治療を受けるなら、確かな知識と実績を持った信頼できる歯科医を見つけることが非常に重要だと言えます。

ただ、インプラント自体が危険という意味ではありません。インプラントの歴史は大変古く、紀元前には既に行われていたと考えられています。抜けた歯の穴に貝殻やエメラルド、金、サファイヤなど、古代の人々はさまざまな材質を使って失われた歯を取り戻そうとしてきたことがわかっています。しかし過去の試みは全て成功しませんでした。なぜなら埋め込んだ材料とアゴの骨がうまく結合しなかったためです。

転機が訪れたのは1950年代のこと。スウェーデンの科学者、ブローネマルク博士がインプラントの素材としてチタンを採用すると、かつてないほどアゴの骨にしっかり結合したのです。古代から世界中の人々が憧れた夢の歯科技術が、ついに実現することになったのです。

現在、治療後10年以上たってもインプラントが残存している確率は96%以上、20年以上は約90%と報告されています。第二の永久歯として最先端の技術開発が進むインプラントは、今もなお日々新しい技術が生み出され、さまざまな治療法が編み出されています。どこのクリニックで治療を受けても同じではなく、施術前にしっかり熟考する必要はありますが、あまりこわがりすぎず、インプラントについて知っていただければと思います。

一流技術の名医に出会えるインプラント歯科口コミ・評判総合ランキング!

Page TOP