インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト » インプラント治療のギモン » インプラントがおすすめな人って?
インプラントの素朴な疑問の画像
ギモン39Question39

どんな人にインプラントはおすすめなの?

  

インプラントは入れ歯やブリッジに比べて優位性が高い?

「第二の永久歯」とも言われるインプラント。一般に入れ歯やブリッジよりも優れた治療法と言われていますが、具体的には、それぞれの治療法とどんな違いがあるのでしょうか?ここでは、他の治療法に対するインプラントの優位性、および、インプラントを前向きに考えてみるべき人について詳しくまとめてみました。

全国でおすすめのインプラント歯科

もう一度永久歯を手に入れたい人

その高い審美性や耐久性の点から、インプラントは「第二の永久歯」と言われることもあります。見た目も機能性も元通りの歯に戻したい方には、ぜひおすすめしたい治療法です。

何度作り直しても入れ歯が合わない人

入れ歯が上手にフィットせず、何度も作り直している人がいるようです。インプラントを埋入すれば、入れ歯とは違い、歯がズレるということはありません。

他の健康な歯を削らないで治療したい人

ブリッジを行うには、欠損した歯の両サイドの歯を削らなければなりません。それに対し、インプラントは他の歯を一切傷付けることのない治療法です。

歯の手入れを楽にしたい人

入れ歯の毎日の手入れは、とても煩わしいものです。またブリッジは歯間ブラシが必要になるなど、こちらも手入れが面倒。インプラントは天然の歯と同じように、通常の歯磨きをするだけで手入れをすることができます。

入れ歯やブリッジとの違いは?

歯を失ったときへの対処法として、歯科医院では3つの方法を用意しています。1つめが入れ歯、2つめがブリッジ、3つめがインプラントです。

近年、インプラントを行う歯科医院も多くなってきた背景もあり、逆に、入れ歯やブリッジのデメリットが浮き彫りになってきた感もあります。以下、入れ歯、ブリッジ、インプラント、それぞれのメリットとデメリットを比較しながら確認してみましょう。

入れ歯のメリット

大掛かりな外科手術を必要としないことが、入れ歯の最大のメリットです。気軽に治療に臨むことができるでしょう。

入れ歯のデメリット

見た目が良くないこと、取り外しての掃除が煩わしいこと、バネと歯の間に汚れが残りやすいこと、噛む力が大幅に低下することなど、入れ歯は多くのデメリットが指摘されています。

ブリッジのメリット

審美性にこだわらないのであれば、ブリッジは保険診療です。コスト面において、インプラントよりも大きな優位性がある点がメリットでしょう。

ブリッジのデメリット

左右2本の歯にかかる力が大きくなり、歯に負担が蓄積します。また、歯間の掃除がしにくくなるため、人工歯を支えている2本の歯が虫歯になりやすくなります。

インプラントのメリット

他の健康な歯を削ることは、一切ありません。見た目も噛む力もほぼ元通りとなるため「第二の永久歯」と呼ばれることもあります。

インプラントのデメリット

保険の効かない治療のため、費用が高額です。また、入れ歯やブリッジとは異なり、骨や持病などの問題で適応できない患者さんもいます。

情報収集と併せて歯科医院に相談を

以上、入れ歯やブリッジと比較した場合のインプラントの優位性について具体的に確認してみました。また、前向きにインプラントを検討すべき人はどのような人であるかも確認しました。

かならずしも、すべての患者さんにとってインプラントが最善の治療であるとは言えません。しかしながら、大半の患者さんにとっては、非常に大きなメリットのある治療であることも理解できたと思います。

ご自身にとってどのような治療法が最善なのか、一度、歯科クリニックで相談してみることをお勧めします。

全国でおすすめのインプラント歯科

Page TOP