「このサイト中の『名医』という表記は、あくまでサイト内の定義に該当した医院・医師に対する呼称であり、掲載されている医師の実力を優位づけするものではありません」

インプラント治療の医師・病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » 「あんきしか」岐阜のインプラント名医調査サイト » インプラント治療の種類 » 抜歯即時荷重とは

抜歯即時荷重とは

一般的なインプラント治療では、歯肉と骨の回復をまってからインプラントを埋入します。ところが、抜歯即時荷重では、抜歯後すぐに骨を形成してインプラントを埋入。仮歯まで入れ、その日のうちに噛むことができる手術です。

抜歯即時荷重はどんな人におすすめ?

抜歯しなければいけない状態では、多くが歯根破折、骨縁下う蝕、重度歯周病といった症状がみられます。インプラント治療では抜歯後の骨吸収は避けたいので、患者さんの骨の状態や部位、年齢によって、抜歯後に骨吸収が進行する可能性がある場合は抜歯即時荷重がおこなわれます。とはいえ、歯科医院によっては、抜歯即時荷重での治療を基本にしているところもあります。

手術では、骨造成を付与して減張切開にて歯肉を引っ張ってきて、骨膜レベルで創部を閉鎖することで骨吸収を抑制。インプラントが入ることで、新しい骨が作られるようにします。

この術式は、対象部分と周辺の歯に歯周病や虫歯がない、顎骨に大きな欠損がない、インプラント体を埋入するのに十分な厚みと高さがある患者さんのみ適用できます。

骨が柔らかすぎたり厚みが不足している場合では厳しく、骨量が不足している場合は、骨造成などの処置を先におこなってからとなります。

抜歯即時荷重の岐阜での費用相場

抜歯即時荷重にかかる費用相場は、1歯あたり30~45万円程度です。普通のインプラント治療とそこまで大きな差はありません。

ただ、骨の状態や使用する材料、治療計画などで治療費は変わってきます。歯科医院によっても金額が異なることから、まずは無料相談などで実際に診てもらい、見積もりを出してもらうのがよいでしょう。

このサイトでは、岐阜エリアのインプラント名医について紹介しています。ぜひクリニック選びの参考にしてみて下さい。

信頼×技術×費用で選んだ!
名医がいる岐阜のインプラント歯科3選を見る

抜歯即時荷重のメリットデメリット

歯茎を切り開かないなど、不要な切開や複雑な骨造成はおこなわないことで、腫れや痛みを最小限に抑えます。しかも、歯茎の形状が変化しないうちに治療でき、抜歯した部分の骨が瘦せにくく、自然治癒力が活性化されて早い回復が期待できます。

また、2回法に比べて手術回数や治療期間、経過観察期間が短くなることで、患者さんへの精神的・肉体的な負担が軽減。さらに、時間やコスト低減といったメリットもあります。早く治療が終えて、噛めるようになるのはなによりです。

ただ、この手術は医師に高い技術力が求められるため、どこの歯科医院でもできるわけではありません。また、患者さんの口腔内の状態によっては対応できないこともあり、使用できるインプラントシステムも限られています。

関連ページ