「このサイト中の『名医』という表記は、あくまでサイト内の定義に該当した医院・医師に対する呼称であり、掲載されている医師の実力を優位づけするものではありません」

インプラント治療の医師・病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » 「あんきしか」岐阜のインプラント名医調査サイト » インプラント治療の種類 » サイナスリフトとは

サイナスリフトとは

インプラントを埋入するために必要な上顎の骨の厚みや高さが不足している場合、小鼻の脇にある上顎洞の底部に骨補填材を埋入して骨再生を促します。骨の厚みが3~5mm以下だったり、多数の歯が広範囲にわたって欠損している場合におこなわれます。

サイナスリフトはどんな人におすすめ?

上顎の骨量が不足していることで、インプラント治療が受けられない方のための治療法。上顎の骨量が不足している、多数の歯が欠損しているなどので理由でインプラント治療を断られたら、サイナリフトに対応している歯科医院に相談してみるといいでしょう。

サイナリフトでは、上顎洞の底部に人工の骨補填材を入れて骨の再生を促進。約半年ほどで十分な骨量が形成されていきます。サイナリフトでしっかりと骨を安定させてからインプラント埋入をおこないます。

これまでのサイナリフトでは、歯肉を大きく切開したり、骨をハンマーで叩いて骨のブロックを取り除くなど、その振動による頭への影響やシュナイダー膜へのダメージといったリスクがありました。最近のサイナリフトでは、超音波医療機器を使用してダメージを軽減。歯石を取るような感覚でできるようになっただけでなく、施術時間も短縮。患者さんへの負担も少なくなってきています。

サイナスリフトのメリットデメリット

骨造成術は他にもありますが、サイナリフトは広範囲にわたっての骨造成に長けています。また、骨の厚みが3mm以下などかなり薄い方や、多数の歯を欠損してしまっている方には有効と、通常ならインプラント治療が難しい方にも適用できるのは大きなメリットです。

ただ、サイナリフトとインプラント埋入は一緒にできないので、治療期間が長くなります。また、手術では上顎洞の横の歯茎をめくって上顎洞を見えるようにし、上顎洞を上に持ち上げて人工の骨補填材を入れるので、患者さんへの体への負担も大きいです。

サイナスリフトの岐阜での費用相場

サイナリフトは保険適用されるケースがほとんどない自由診療。そのため、歯科医院によって費用が異なります。相場としては、1箇所あたり約15~30万となっています。

ただ、サイナリフトはオプション的な価格になるので、それ以外にインプラント本体や土台、かぶせ物などがかかってきますからトータルで約45~60万円。これも患者さんの歯の状態やインプラント体の価格などで異なりますので、まずは見積もりを出しもらうのがいいでしょう。

さらに、サイナリフトの手術後は、治療部位の確認や傷口の消毒など、数回の通院が必要になります。無料でおこなっている医院もありますが、1回あたり数千円ほどかかるところもあるので、そうした費用の有無も聞いておきたいもの。

また、手術したのに十分な骨ができなかった場合、再治療の費用負担についても治療前に担当医に確認しておくと安心です。同意書に記載されていることが多いので、見逃さないようにしましょう。

関連ページ