「このサイト中の『名医』という表記は、あくまでサイト内の定義に該当した医院・医師に対する呼称であり、掲載されている医師の実力を優位づけするものではありません」

インプラント治療の医師・病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » 「あんきしか」岐阜のインプラント名医調査サイト » インプラント治療の種類 » ソケットリフトとは

ソケットリフトとは

奥歯の上の方には「上顎洞」と呼ばれる空洞があります。インプラント手術を受ける時に、歯を支える役割の歯槽骨が薄いままの状態で、インプラントを埋め込むと、インプラントが歯槽骨を突き抜けて上顎洞を傷つけて炎症を起こしたり、インプラントの土台がぐらぐらしてきたりするなど、さまざまな問題が起こります。

こういう事態を避けるために、骨補填材を使って、インプラントを支える歯槽骨を再生する術式が「ソケットリフト」です。

ソケットリフトは
どんな人におすすめ?

「ソケットリフト」は上顎の骨を増やすための手術です。インプラント治療で、上顎にインプラントを埋め込む場合、歯槽骨(歯を支える骨)の厚みが10mm程度必要になりますが、骨の厚みが足りない時は、顎の骨を再生して厚みを増やす必要があります。

10mmから5mmまでの厚みなら「ソケットリフト」、5mm以下の厚みなら「サイナスリフト」を使うクリニックが多い傾向です。

「ソケットリフト」は歯に穴をあけて骨補填材を詰め、同時にインプラントを埋め込むこともできるので、あまり長期間通院時間が取れない人や、通学で忙しい子どもには向いています。

ソケットリフトの費用相場

インプラントは自由診療なので、症状やクリニックによって価格が違います。ソケットリフトの岐阜市内のクリニックの相場は5万円~15万円ぐらいです。

それにインプラントの本体や土台、かぶせ物、手術料、検査料などの諸経費がかかるので、手術前に担当医師に納得いくまで説明を求め、見積もりをもらって確認した後に手術を受けましょう。

ソケットリフトの
メリット・デメリット

「ソケットリフト」の最大のメリットは、他の治療法に比べて「身体の負担が少ない」ことにあるでしょう。インプラントの土台を埋める手術度同時進行もできるので便利です。

価格も「サイナスリフト」よりは安いですが、生成できる骨の範囲は狭く、歯槽骨の厚みによっては使えないこともあります。「ソケットリフト」も「サイナスリスト」も、一度治療を始めてしまうと、再手術が難しいので、費用、術式、アフターケアなど、担当医師に説明を求め、見積りを出してもらいましょう。

関連ページ