インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントとは何か?|インプラントの基礎知識 » インプラント治療の効果を長持ちさせて寿命を延ばす方法 » インプラントは治療から1年後でも使える?

知っておきたいインプラントの基礎知識

knowledge

インプラントは治療から1年後でも使える?歯の画像

インプラント治療を行う上では、治療からどれくらいの期間使用できるのかが気になるところです。そこでこの記事では、1年間持つのかということから、1年後に考えられるリスク、また注意点などについてまとめています。また、インプラント治療を行ってから1年経過した人の口コミも掲載していますので、ぜひ参考にしてみてください。

インプラントは1年もつのか

一般的に、インプラント治療を行ってから10年後の平均残存率は9割を超えると言われています。そのため、治療完了から1年を経過した後も問題なく使えているケースが多いと言えるでしょう。また、インプラントメーカーによっては10年など保証期間を設けているものもあります。

しかし、インプラントを使用する上ではケアが非常に大切。適切なメンテナンスを行わない場合はトラブルが発生する可能性が高くなると言えるでしょう。

治療から1年後のリスク

インプラント治療を行ってから1年後にはどのようなリスクが考えられるのでしょうか。可能性のある事柄についてまとめました。

インプラント周囲炎

インプラント歯周炎とは、天然歯の歯周炎と同じように、プラークを原因とする炎症によってあらわれるものです。インプラント歯周炎を発症すると、歯茎が腫れたり痛みを感じたりするほか、最悪の場合はインプラントが脱落してしまうケースもあります。天然の歯よりも進行が早いため、注意する必要があります。

歯茎の締め付け感を感じる

インプラントの上部構造と歯茎が強く接触している場合に、歯茎が締め付けられているような違和感を感じる場合があります。放置しておくと、歯茎の血流が減少してしまい、歯茎が下がってしまうことにつながります。この場合は、人工歯を外してもらって締め直しを行うことで症状が落ち着くケースもあります。

発音しにくい

人工の歯を装着してすぐは、新しい歯に慣れることができず発音しにくい場合があります。しかし、半年以上経ってもまだ発音がしにくい場合には、人工歯の形態を修正したり作り直したりする必要がある可能性があります。あまりにも話がしにくい、と感じた場合には歯科医に相談をしましょう。

噛み合わせの不具合

インプラントを入れることにより、噛み合わせが変化して噛むと痛みを感じたりすることがあります。インプラントの周りの粘膜が炎症を起こしている可能性も考えられるでしょう。

人工歯が取れてしまう

手術によって取り付けられた人工の歯が取れてしまったり、ぐらつきが出てくる可能性もあります。これは、アバットメントと人工歯を連結するネジが緩んでしまっていたり、部品が折れているという状況が考えられるでしょう。これはネジを締め直す、部品交換をするといった対応をします。

人工歯にヒビが入る

ものが口元にぶつかったり、固すぎるものをかじったりするといった状況が起こると、人工の歯にヒビが入るだけではなく、欠けてしまう、割れてしまうことにつながってしまいます。

この場合は、人工歯の補修や作り直しで対応できる場合もありますが、アバットメントなどに異常が起きているのであれば、再手術しなければならないケースもあります。

1年後の注意点

インプラントをできる限り長く快適に使用するためにも、治療を行ってから1年後の注意点をおさえておきましょう。

メンテナンスをしっかりと行う

インプラント治療後に、定期的に歯医者に足を運んでメンテナンスを受けた人と、受けていない人を比較すると、やはり定期的なメンテナンスを行っている人の方が、その後の残存率が高いというデータがあります。当然インプラント周囲のトラブルの発生頻度も低くなると言えるでしょう。

埋入位置が深すぎるとトラブルが多い

インプラントの埋入から1年経過すると、インプラントアバットメント界面から支持骨が約1mm減少します。そのため、埋入位置が深すぎた場合、深いポケットを形成してしまうことからメンテナンスが難しくなります。メンテナンスが十分ではない場合、細菌感染が起こり、インプラント周囲炎などのトラブルを引き起こします。

また、埋入位置が深いと周囲の骨が薄くなるため周辺組織が減少することになり、審美的にも問題を抱えることになります。

治療から1年経過した人の声

インプラント治療を行ってから1年間が経過した人の声をご紹介します。

口コミ①

1年前に骨を増やしてからのインプラント治療をしました。 その当時は結構不安でしたが、今現在、支障なく過ごしています。

  • 引用:http://www.qlife.jp/kuchikomi_963838_112212
口コミ②

インプラントにしてもうすぐ1年になりますが、今ではほとんど違和感ありません。自分の歯と同じように良く噛むことができ、おいしくご飯を頂いております。

  • 引用:http://allon4.jp/voice/index.html
口コミ③

一年前にインプラントを入れてもらいましたが、今のところ何の問題もありません。 手術の前にしっかり検査して、歯の形もCTで正確に把握してもらえます。今はメンテナンスに通ってます。

  • 引用:http://www.qlife.jp/kuchikomi_963838_104845
口コミ④

約1年半、ほぼ毎週でしたので多少は歯医者通いが中心の生活になっていましたが、意外と通うのが楽しみになり現在治療が終わって約1年が経ちましたが悪くなったところは何もなく快適な食生活と歯に自信が持てるようになりました。

  • 引用:http://www.denternet.jp/link.htm?prf=44&gun=2&clinam=%A4%A8%A4%D3%A4%BF%A4%CB%BB%F5%B2%CA%B0%E5%B1%A1

経験者の考察

治療完了後1年程度の場合は、特に問題なく使用できているケースがほとんどのようです。治療後1年間までは、比較的頻繁にメンテナンスに通う必要があるために、何かトラブルが起こりそうな場合でも早期に発見して対応できるという点も大きいと予想されます。

まとめ

「インプラントは治療から1年経っても使い続けられるのか」という点をテーマに説明してきました。適切なメンテナンスを行うことで、インプラントは非常に長く使用できると言われているため、使用できるかどうかの鍵は定期的なケアをしっかりと行うことと、気になる点があった場合はすぐに歯科医院に相談することであると言えるでしょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP