インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントとは何か?|インプラントの基礎知識 » インプラントの手術は痛いの?解消法やサポートは万全! » インプラント治療の痛みの原因とは?

知っておきたいインプラントの基礎知識

knowledge

インプラント治療の痛みの原因とは?歯の画像

インプラント治療で気になるのが施術時の痛み。骨にインプラント体を埋入すると考えるだけで痛そうですが、実際にはどうなのでしょうか?ここでは、そんなインプラント治療の痛みについて紹介していきます。興味がある人は参考にしてみてください。

インプラントの痛みの原因

術後の痛み

インプラント治療では局所麻酔や静脈内麻酔などを行った上で治療を行うので、施術時に痛みがあるということはほとんどありません。痛みを感じるのはどちらかというと施術が終わった後です。

問題なく治療が終わった場合でも、インプラント治療というのは歯茎を切開してあごの骨をむき出し、そこへインプラント体を埋め込むので麻酔が切れてしまうとある程度の痛みはあります。一般的には、早い人で2~3日ほど、長い場合でも1週間もすれば痛みは取れます。1週間以上、痛みが続く時は、細菌感染や骨の火傷といった別のトラブルが起きていることが考えられます。この場合、まずは抗菌剤の投薬で様子を見ることになりますが、最悪のケースだと再手術をしなければならないということも。原因としては、手術前の検査の不備や、医師または医療チームの知識や技術の不足などが挙げられます。

術後の痛みを軽減するためには、インプラント手術部分への感染防止するための歯周病や虫歯の治療、X線、CT、血液検査などの入念な術前検査、疲れや病気の有無など患者の体調チェックが重要となります。ですので、これらのケアをしてくれるクリニックでインプラント治療を受けるようにしましょう。

また、医師や看護師などのチームワークがしっかりしているのはもちろん、コンピューター・ガイデット・サージェリー等の最先端技術を採用しているかどうかも術後の腫れや痛みを最小化するために重要なポイントです。

まとめ

いかがだったでしょうか?インプラント治療における痛みの原因は、歯科クリニックの衛生管理の体制やきちんとした設備を導入して治療を行っているか、医師の技術力があるかどうかによって大きく異なります。最近では、ネット上に実際に治療を受けた人の口コミを見ることもできるので、それらを参考にしながら自分の目でしっかりと確かめてクリニックを選ぶようにしましょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP