インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントとは何か?|インプラントの基礎知識 » インプラントの手術は痛いの?解消法やサポートは万全! » インプラント治療の痛みってどれくらい続くの?

知っておきたいインプラントの基礎知識

knowledge

インプラント治療の痛みってどれくらい続くの?歯の画像

インプラント治療で気になるのが痛み。通常の虫歯を治すだけでも歯が痛むのに、歯茎を切って骨にインプラント体を埋め込むインプラント治療は、とんでもない痛みがあるのではないかと躊躇してしまいますよね?しかも、その痛みはどれくらい続くのかというのも分からないという人が多いのではないでしょうか?そこで今回は、インプラント治療における痛みがどれくらい続くのかを解説していきます。興味がある人は参考にしてみてください。

インプラントの痛みの期間について

インプラント治療では、局所麻酔や静脈内麻酔などを行った後で治療を行うので、施術を受けている間はほとんど痛みを感じません。本格的な痛みを感じるようになるのは施術後に麻酔が切れてからです。施術が終わってから腫れや痛みがなくなるまでの期間は、短い人で2~3日ほど。長い人でも1週間もあれば痛みは引いていきます。これ以上、痛みが続く場合は別のトラブルに巻き込まれている可能性も。例えば、細菌による感染や骨の火傷などがあります。これらの場合は、抗菌剤を投薬したりすることでほとんど収まるのですが、最悪の場合は、改めて施術を受けなおさなければならないというケースもあるので注意が必要。中には、痛みが半年近く続いたという人もいるようです。

ただし、インプラント体を埋め込むための骨が十分ではなかったため、サイナスリフトのような骨の再生治療を合わせて行った場合は、一度に多くのインプラント体を埋め込んだ場合は、鎮痛剤を使っても痛みが治まらないケースがあり、痛みが2週間ちかく続くこともあるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?痛みのピークは2~3日ほどで長くても1~2週間程度が目安となります。これ以上、痛みが続くようであれば、治療を受けた歯科クリニックに相談するようにしましょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP