インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントの手術後について » インプラント実施後の失敗症例集 » インプラントが取れるケース

インプラントが取れる

インプラントが取れる(イメージ)

治療したインプラントが取れてしまうことで悩んでいる方もいるようです。

インプラントが取れてしまう理由として考えられるのは歯周炎と治療の術後経過が思ったほどよくはない点です。

インプラント治療は歯茎に穴をあけてインプラントを埋め込みます。その後、歯茎の密着を待つことになるのですが、歯茎の密着具合が甘いことでインプラントが取れる可能性もあります。

しかし、可能性としては歯周炎の方が高いです。

歯周炎により、歯茎、骨等に影響が出ることでインプラントがぐらつき、取れてしまいます。

インプラントが歯茎に密着しているのは、あくまでも「健全な状態であれば」という前提があります。画像のように歯周炎の影響で歯茎が落ちたり、あるいはインプラントがむき出しになっている状態になると、インプラントの固定力が弱まり、取れることもあります。

この問題を防ぐためには歯周炎の予防が大切です。

インプラントは従来の歯のような抗体がありませんので、細菌の影響を強く受けてしまいます。そのため、従来の歯よりも入念なケアが求められます。患者自身はしっかりとケアを行っているつもりでも、歯垢の僅かな残りから細菌感染し、歯周炎が悪化してインプラントが取れる可能性もあります。

他のインプラント後の失敗症例を確認する

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP