インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントとは何か?|インプラントの基礎知識 » インプラント治療の効果を長持ちさせて寿命を延ばす方法 » インプラントは治療から10年もつのか?

知っておきたいインプラントの基礎知識

knowledge

インプラントは治療から10年もつのか?歯の画像

インプラント治療を行う上で、「どれくらいの期間使い続けられるのか」ということはとても気になる部分です。そこでこの記事では「インプラント治療から10年後」に焦点を当てて、考えられるリスクや使用する上での注意点についてまとめています。インプラント治療を受けたい人、すでに治療が完了している人もぜひ参考にしてみてください。

インプラントは10年もつのか

一般的に、インプラントの10年残存率は90%を超えると言われており、かなり長い期間使用できるようになっています。そのため、インプラントの寿命は10年を目安に考え、10年経過したあたりにインプラントの状態を見直すことが必要とも言われています。

長期間使うためにはメンテナンスがカギ

以上のことから、インプラントを10年使い続けることも可能となっているものの、そのためには「メンテナンス」をしっかりと行って行くことが大切です。インプラント治療を行うと、定期的な検診を受ける必要がありますが、口腔内のケア、クリーニングの他にも、セルフケアがきちんとできているかのチェックも行われます。

いくら定期的に歯科医院に通っていたとしても、自宅でのケアをしっかり行わなければトラブルは起こりやすくなります。特にインプラントは細菌の感染に弱いため、歯磨きなどのケアに注意する必要があります。

10年後のリスク

インプラントを使用している中では、時にトラブルが生じるケースも。ここでは、インプラント治療してから10年後に考えられるリスクについて紹介します。

保証期間が終了する

インプラントは、治療した時から数年の保証がついていることがほとんどですが、その中で多いのが「10年保証」。すなわちインプラント治療を行ってから10年経過したということは、多くの人にとってインプラントの保証期間が終了するタイミングということです。

保証期間内であれば、インプラントが割れたり欠けたりするなどのトラブルに発生時に、修復や再手術に必要な費用が補償されます。(ただし、保証を受けられる条件はそれぞれの歯科医院や補償会社によって設定されています)。しかし、保証期間が終了するということは、なんらかのトラブルがあったとしても保証されないということ。治療を行う場合には、自費での治療が必要となります。

全身状態の悪化

特に高齢の方に見られるケースですが、全身状態の悪化に伴ってインプラントに不具合が出てくる場合があります。

また、認知症を発症することによって口腔ケアが十分に行うことができず、インプラント周りの状態が悪化してしまうケースも。周辺の組織に傷をつけてしまうことがあり痛みを感じるために、結果としてインプラントの上部構造(人工の歯)を外すことを希望する場合もあるようです。

骨の量が減ってくる

個人差は大きいものの、加齢によりインプラントを支えるための骨の量が減ってきます。骨量が減ってしまうと歯茎が下がることで、インプラントのネジ部分が露出してしまう可能性があります。

このような場合には、新しいインプラントを埋入するか、露出した部分をセラミック(ピンクポーセレン)などで覆うなどの方法を用いて対応していきます。

インプラント周囲炎

インプラント治療を行った部分は、天然の歯よりも細菌に感染しやすい状態となっています。そのため、口腔内のケアを怠っていると「インプラント周囲炎」と呼ばれる状態になることがあります。

症状は天然歯における歯周病と同様ですが、歯周病よりも進行が早く、発症すると痛みや腫れ、出血などを伴います。さらに症状が進むと、骨にまで影響を与えてしまうため、インプラントが脱落する原因となります。

インプラント体は通常、骨と強く結合しているために抜け落ちるということはほとんどないとされていますが、しっかりとケアを続けていないと、インプラント周囲炎を引き起こして脱落するケースがあります。脱落につながってしまうインプラント周囲炎を防ぐためにも、普段からケアはしっかりと行う、定期的に検診を受ける、禁煙を心がけるといった方法が挙げられています。

人工歯の摩耗や破損

インプラントの上部に取り付けられている人工の歯は、使用しているうちに磨耗していくことがあります。特に歯ぎしりをしたり、強くかみしめたりする癖がある人の場合はインプラントに過剰な力がかかってしまうことですり減りやヒビが起こったり、最悪の場合割れてしまうことも。このような場合、インプラント体に問題がなければ人工の歯を取り替えることで対応します。

噛み合わせが変化する

インプラント治療を行った部分には問題がなくても、周りの歯にトラブルが生じることで全体の噛み合わせが変化することがあります。噛み合わせが変わると、インプラント治療をした部分に大きな負担がかかることでインプラントの破損につながるケースも。

噛み合わせが変化した、噛み合わせに違和感を感じるようになったという場合には、早めに診察を受ける必要があると言えるでしょう。

10年後の注意点

インプラントをできるだけ長持ちさせるためにも、ポイントを抑えてケアをしていきたいものです。ここでは、インプラント治療を行ってから10年後に注意したい点についてご紹介していきます。

定期的なメンテナンスを続ける

適切なメンテナンスを続けることで、10年を経過した後も問題なくインプラントを使用することができます。特にインプラントの再手術もすることなく、そのまま使い続けている人もいるようです。

そのためには、歯科医院での定期的なメンテナンスを受けることと、毎日のセルフケアをしっかりと行うことが必要。特にインプラント周囲炎には注意する必要があります。歯科医院でのメンテナンスでは、口腔内のチェックやクリーニングとともに、毎日のケアがしっかりと行えているかどうかも確認してもらえます。徐々にセルフケアが甘くならないように、定期的にチェックをしてもらいましょう。

違和感を感じた場合にはすぐ診察を受ける

インプラントを使い続ける中では、しっかりとケアしているつもりでも何らかのトラブルが起こる可能性があります。トラブルは初期のうちに対応しておくと、大きなトラブルに発展せずにすみますので、早めに診察を受けて適切な処置を受けましょう。

毎日のセルフケアを丁寧に行うことで、小さな違和感も気づきやすくなります。早めにトラブルを発見するという意味でも、自身でのケアを適切に行う必要があります。

治療から10年経過した人の声

口コミ①

約10年前にインプラントの手術を受けました。その後ずっと良好な状態を維持しています。医療技術の高さに信頼が持てます。

  • 引用:http://www.qlife.jp/kuchikomi_992349_126012
口コミ②

こちらでインプラントをして10年経ちますが、何の問題もなく、快適に過ごせてます!こちらでインプラント治療して良かったです。

  • 引用:https://haisha-yoyaku.jp/bun2sdental/commentprov/?page=6&implant=1
口コミ③

10年位前に左奥歯にインプラントを3本いれました。昨年年末位から一番奥のインプラントを入れた部分がうずくようになりました。なぜでしょうか?インプラントを入れてもらった医院から都合により転院しています。

  • 引用:https://www.implant.ac/exec/consult_reply/-/9047.html
口コミ④

過去にインプラント治療をして、10年になります。つめで触りながら鏡で見てみると、金属に触って、見えているような気がします。

  • 引用:http://www.62-oral.com/implant/consul/voice/000232.php

経験者の傾向考察

インプラント治療から10年経過すると、全く問題なく使用できている人と、何らかのトラブルを抱え始めてしまった人に分かれるようです。しっかりとケアをしていれば多くの場合はトラブルなく使い続けることができるとされているものの、やはり加齢などの影響が出てくる人もいるでしょう。

上手にケアすれば10年以上使用できる例も多くあるようですので、違和感を感じた場合には早めに対応することが大切です。

まとめ

インプラント治療後10年経過した場合に考えられるリスクや、使用する中で覚えておきたい注意点などについてまとめてきました。やはり、インプラントを長持ちさせるために必要なのは適切なケアを行うことです。定期的に歯科医院に足を運ぶことで、セルフケアがしっかりとできているか見直しながら、上手にインプラントと付き合っていきましょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク

Page TOP