インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントとは何か?|インプラントの基礎知識 » インプラントの手術は痛いの?解消法やサポートは万全! » インプラント治療の術後の痛みってどれくらい続くの?

知っておきたいインプラントの基礎知識

knowledge

インプラント治療の術後の痛みってどれくらい続くの?歯の画像

インプラント治療で気になる痛み。治療を受けている間は麻酔をしてもらっているから、痛みを感じることはほとんどないけれど、終わった後に一気に痛みを感じるのではないかと思っている人が多いと思います。そこで今回は、インプラント治療における痛みの中でも術後の痛みについて詳しく紹介していきます。痛みがあるかどうか、どれくらい続くのかかが分からないため不安で治療をするのを敬遠している人も多いはず。興味がある人は参考にしてみてください。

インプラント手術後の痛み

インプラント治療では、歯茎を切開してあごの骨をむき出しにし、その部分にインプラント体を埋め込んでから元に戻すという施術を行います。そのため、麻酔が切れてしまうと痛みを感じますが、その痛みの強さは個人差があります。

一般的なインプラント治療を受けた場合は、それほど痛みを感じることはなく、早い人だと2~3日ほどで痛みと腫れが引き、長い人でも1~2週間ほどで治まります。ただし、インプラント体を埋入するのに十分なあごの骨の量がないため、サイナスリフトなどの骨の造成手術を合わせて行った場合は、痛みが長引くことがあるので注意が必要です。

2週間以上たっても痛みが引かない場合は、細菌の感染や骨の火傷といったトラブルが起きている可能性があります。中でもインプラント周囲炎と呼ばれる歯垢の細菌により引き起こされる感染症は、進行が早いため放っておくと治療が困難となるため要注意。主な症状としては、インプラント周囲の粘膜の腫れ、粘膜からの出血、膿が出る、インプラントと粘膜の隙間が深くなる、インプラントの脱落など。これらの症状が見られる場合は、早めに歯科クリニックへ行って相談することをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?術後には痛みがありますが、鎮痛薬などを処方してもらえることが多いようなので、それほど心配する必要はないのかも知れません。ですが、一定期間は痛みがあるので注意が必要。どうしても我慢できない場合は医師に相談することを忘れないでください。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP