インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントとは何か?|インプラントの基礎知識 » インプラント治療を行う歯科の選び方とは » インプラント歯科選びのポイント【安さ】

知っておきたいインプラントの基礎知識

knowledge

インプラント歯科選びのポイント【安さ】歯の画像

ここでは、インプラント歯科選びの基準の一つとして、治療費の安さについて解説します。信頼できる歯科クリニックであれば、治療費は少しでも安いに越したことはありませんね。

安さでインプラント歯科を選ぶと

インプラント治療の治療費は、全国平均で1本につき30~40万円。複数の歯をインプラントにした場合、すぐに100万円を超えてしまいます。

高額なインプラントだからこそ、人情としては、少しでも安くインプラントを入れてくれる歯科クリニックを選びたいもの。しかしながら、料金だけでインプラント歯科を選ぶと、結果として後悔することにもなりかねないので注意してください。

一部には格安でインプラントを行っている歯科クリニックもあるようですが、そのようなクリニックには、次のような背景があるかもしれません。

インプラント治療費を安くできる理由

世界中にあるインプラントメーカーの数は、100社とも200社とも言われています。これらメーカーのうち、十分な症例数を持つ信頼のメーカーは、わずか数社のみ。この数社以外のインプラントについては症例数が少ないため、業界では信頼が確立していません。

信頼が不安定なメーカーのインプラントは、かなり安い値段で仕入れることができます。格安インプラントを標ぼうするクリニックの中には、そのような粗悪なメーカーのインプラントを仕入れているところもあるようです。

安さでインプラント歯科を選ぶメリットとリスク

治療費の安さでインプラント歯科を選んだ場合、次のようなメリットとリスクが想定されます。

メリット
・出費が少なくて済む

インプラント治療は高額です。高額な治療を少しでも安く受けられるならば、それに越したことはありません。

・複数本をまとめて治療できる可能性がある

1本あたりの治療費が安ければ、予算内で複数本のインプラントを入れることができるかもしれません。

リスク
・耐久性が低い可能性がある

格安インプラントは耐久性が低い、と言われることがあります。1回あたりの治療費が安くても、数年後に再治療を受けなければならないならば、トータルでの治療費は高くなってしまいます。

・別の歯科クリニックではメンテナンスできない可能性がある

一般的ではないメーカーのインプラントを埋入した場合、歯科クリニックを替えると適切なメンテナンスができない可能性があります。転居する可能性のある人は注意が必要です。

【まとめ】安さだけでインプラント歯科を選ぶのは危険

料金の安さだけでインプラント歯科を選ぶのは、少々危険です。なぜならば、まだ信頼の確立されていない粗悪なインプラントを使用している可能性があるからです。

相場よりも治療費が安いと感じた場合には、どのメーカーのインプラントを使用するのかを、かならず確認するようにしましょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP