インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントの手術後について » インプラント実施後の失敗症例集 » インプラント治療後に細菌感染する可能性

インプラント治療後の細菌感染について

インプラントの細菌感染(イメージ)

インプラント治療を行ったものの、細菌感染に悩まされるケースもあります。

インプラントに於ける細菌感染の主な原因は通常の歯同様、歯垢によるものもあれば、インプラントと体質の相性もあります。画像を見ても分かるように、歯茎そのものが腫れてしまっています。

また、インプラントそのものが細菌感染に弱い点も挙げられます。インプラントそのものは、従来の歯にある抗体がありませんので、従来の歯以上に入念な口内ケアが求められます。

入念に歯磨きをしているつもりであっても、インプラントの間に歯垢が溜まってしまい、細菌感染を引き起こしてしまうケースもあります。

細菌感染による炎症は、次第に歯茎を弱くし、インプラントをむき出しにしてしまうことにもなりかねません。インプラント治療が正確に行われていたとしても、細菌感染による歯周炎で歯茎に様々な影響が出ると、インプラントのメリットも損なわれてしまうだけではなく、治療そのものも難しくなります。

細菌感染に関しては、感染した瞬間に自覚するものではないからこそ、尚更日々のケアが求められます。インプラント治療の際、その後の正しい歯磨きの方法をレクチャーしてもらい、実践するとよいでしょう。

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP