インプラント治療の名医・名病院を探せるサイト「インプラントバンク」 » インプラントの手術後について » インプラント実施後の失敗症例集 » インプラントで歯茎が腫れたケース

インプラントで歯茎が腫れた

インプラントで歯茎が腫れた(イメージ)

インプラント治療後、歯茎の腫れで悩まされる患者もいます。

歯茎は歯の土台でもありますが、インプラントの場合、歯茎にインプラントを埋め込むことで人工歯を装着するので従来の歯とは役割が微妙に異なります。しかし、従来の歯同様、歯茎の腫れが見られるのは、インプラント周囲炎の可能性が高いです。

口腔内に歯垢が蓄積されることによる炎症は、従来の歯の歯周病と似たものなのですが、インプラントには従来の歯が持っている抗体がありません。自らのケアのみが歯周炎対策になります。

そのため、ケアを怠ると歯周炎リスクは高まります。

また、歯周炎は治療がとても難しい症状です。そのため、「治療」ではなく、「予防」が重要視されています。

インプラント治療後、正しいケアをレクチャーしてくれる歯科医院が多いのも、患者のためを思っているのはもちろんですが、歯周炎リスクが大きいからこそです。

それでも歯茎の腫れで悩まされるようであれば、一度歯科医院に足を運ぶとよいでしょう。軽度なものであればその後のケアで持ち直すこともできます。

歯茎の腫れを放置したままだと、インプラントの場合、悪化することはあれど良好になることは考えにくいだけに、歯科医院に相談することが重要です。

他のインプラント後の失敗症例を確認する

Twitter Facebook LINE B!ブックマーク
この記事のURLをコピーする

Page TOP